鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

晩秋の黄昏時は...

幼い頃は「早く家に帰らないと...」とせっつかれるように感じたこの季の夕陽。
地面に長く伸びる自身の影に心細さを覚えながらも、実際に身長がちょっと伸びたかの気になり、大股で家路を急いだものです。
それが今は、間もなく灯る燈を想っては、ザワザワ、ワクワク、夜の街が動き始める兆しを早くも胸一杯吸い込まんとする私。
ただ、夕陽が赤いほど、ここかしこに伸びる影が濃いほど、決して踊っているばかりではない心の底に横たう侘しさを意識し、遣り過すこともできなくなるのであります。
e0101258_23221698.jpg




e0101258_17532082.jpg
CONTAX 139 QUARTZ/ T* Planar 50mm 1:1.4
f4 Auto FUJICOLOR100 記録用
Commented by tact1215 at 2018-11-25 16:46
こんにちは。
画面右側のおじさんと、左側の小学生らしい影との対比がすごくいいですね。
Commented by yy2828yy at 2018-11-25 23:34
tact さん、
おじさんがもうちょっと近づくまで待つつもりだったのですが、左側の影の動きが思ったよりも早く、ここで手を打ちました。
夕刻、阪神沿線のいわゆる下町です。
by yy2828yy | 2018-11-11 18:03 | Film | Comments(2)