鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

139Q長者への道..?

ほんの一ヶ月ほどの間に手許に3台...<CONTAX 139Q>のことです。
財布を失ったり、ちょっと怪我をしたりでこの間10日あまりのブランクがあったことを思えば、異例の、否、異常事態とすべきでしょう。
しかし、ルートは総て某オークションながら、入手に到るまでの経緯が通例とは些か異なったことが招いた事態なのだと思っています。
つまり、私が落札を狙う場合、先ずは数件に絞り込んだ候補に「ダメモト」で同時入札して成り行きを見守るのが通例です。
もちろん「ダメモト」なりに、それぞれにはかなり安い入札額で臨みます。
で、その後競り合いと妥協のうちにほぼ一件に絞り込まれ、運が良ければ予算内での落札となるわけです。
ところが今回は「ダメモト」のはずが全部に当ってしまったという、なんとも申し訳ないような結果がもたらされたのでした。
e0101258_23221698.jpg




e0101258_00122696.jpg
CONTAX 139 QUARTZ/ T* Sonnar 135mm 1:2.8
f4 Auto +2EV FUJICOLOR100 記録用

こんなことをいうと「最早CONTAX一眼レフなんて価値がない」と思う方がいらっしゃるかもしれませんね。
よって名誉のため、私が入手したものはいずれも「動作未確認」であったり「ジャンク(相当)」だったことを改めて強調させていただきたいのです。
確かに、CONTAXの一眼レフについては、あまりいい話を聞かないのも事実かもしれません。
しかしこれについても(短期間ながら)実際に複数の機種を複数台手にして「決して悪くない、否、むしろ同年代の他と較べれてもいい方だ」というのが私の見解です。
巷で耳にする良くない話も、概ねがレンズの評判があまりに高すぎることによる行き違いなんだ、と。
尤も、私が如何にも理解あるようにいってみたところで、所詮は1,000円程度のリスクで得られた、いわば「拾い物」の積み重ねに過ぎないのでしょう。
でも、最早フィルムカメラの世界なんて多かれ少なかれ「拾い物」だとしてしまえるような今だからこその話をしているつもりです。
ご参考までに続く話も併せてお読みいただければ幸いです。
e0101258_00123148.jpg
CONTAX 139 QUARTZ/ T* Sonnar 135mm 1:2.8
f4 Auto -1EV FUJICOLOR100 記録用

さて、「ダメモト」のままに我が手許にやってきた3台の<139Q>、先ずはそのいずれもにいそいそと電池を入れたのはいうまでもありません。
しかし、実はそのいずれもが当初はまさに不動の状態でした。
これをもって即断すれば、「ジャンク」ということになるかもしれませんが、少なくともカメラ好きにとってはまさに「短気は損気」。
機械勘が悪く、不器用な私でもさほどの難なく「拾い物」で長者の気分を味わえているのですから。

1. ミラーが上がったままでなす術なし。
→ミラーボックス内のマウント下部寄りに出ているレバーを弄ったらミラーが下り復帰。
2. レリーズした途端「ピンッ」とミラーが上り操作不能に。
→1と同じ解決法を試みるもダメで、底カバーを外して巻上げとシャッターチャージ関連のレバーなどをドライバーの先でコチョコチョ弄っていると何となく回復。
3. 巻上げた途端、勝手にミラーが作動してしシャッターが切れてしまう。
→底カバーを外してライトを当てて奥まで眺めること暫し。
→巻上げ後シャッターチャージを保つための部品に係る細いネジリバネが外れているのを発見。
→ピンセットで定位置に掛け直して復活。

以上、それぞれの症状と解決法を示してみましたが、私が治したといえるのはせいぜい最後の一例くらいで、以外は「しばらく使っていなかったので通電してもメカ部がすぐに眠りから醒めなかった」のが実情だったことを示していると思います。
とまれ、今、整備とクリーニングの済んだ3台の<139Q>はみな快調そのもの。
その分、数週間前にやってきた時のような状態には二度とさせてはならないという責任を感じているところです。
e0101258_00123303.jpg
CONTAX 139 QUARTZ/ T* Sonnar 135mm 1:2.8
開放 Auto FUJICOLOR100 記録用
Commented by harada at 2018-06-04 00:33 x
こんばんは。
 初めてカメラを買うとき、139もいいなーと思ってましたね。頭は四角いけど、なんとなく可愛い雰囲気だし。それに予算的に。でもレンズがお高いので。 カメラがコンタックスで、レンズがヤシカや、またはタムロンとかでは格好わるいし。でも今はそんな組み合わせでも気にしない感覚です。ふしぎですね。
 機械は使い続けるのが一番の長持ち策という事ですね。復活してよかったですね。
 外装の程度も良いのですか。
Commented by yy2828yy at 2018-06-04 07:43
haradaさん、
139Qはとても気に入ってきます。
何よりカッコがよく私の手への収まりは格別です。
この点、minoltaXDとともにOMの次点最有力候補かと。
ただ、この評価は自身がこの歳になってのことだとつくづく思うのです。
一方のレンズも、ハマった時の描写は他の追随を許さないと感じた反面…ま、この辺りをまた書いていきたいと考えております。
by yy2828yy | 2018-06-03 00:23 | Film | Comments(2)