鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

Age-appropriate

いや、こんなことを書いた時点で既にコトは進んでいたりするものです。
いったん思い始めたら明けても暮れても「そのこと」が頭から離れなくなるのは子供の頃からちっとも変っていません。
恐らくは(否、きっと)他の多くのことが疎かになるという皺寄せが生じてもいるはずで、まさに腹が減った時の井之頭五郎といったところか、と。
実際、10日ほど前に財布を失くしたのですが、因果として反省の最中にあるのが普通のはずなのに、傍で次々に揃ってしまったアレコレを前にニヤけて腑抜けているくらいですから、事態はより悪化したとすらいえそうです。
e0101258_15355098.jpg




e0101258_14200944.jpg
CONTAX 139 QUARTZ(1979.04 発売)
個人的にCONTAX銘一眼レフで最もカッコいいと思っていたのがこれでした。
OM党の私には好ましいサイズでもあり、発端となった<S2>はほぼ同サイズです。
巻上げとレリーズに微妙な「鳴き」を感じるものの、あとは概ねOK。
保険のために入手した一台も問題なく、撮らずしての2台体制が整いました。

e0101258_14202660.jpg
CONTAX RTS(1975.11 発売)
如何に<139Q>がかっこよくても普及機のチープさは時に気になるもの。
で...さすがのPORSCHEデザインの原型でもあります。
やはり私には大きく重く...一方でしっとりとした高級感は味わえます。
ボディの割に小さなレバーによる巻上げ感は今ひとつですが、浅いストロークのレリーズボタンに短いレリーズタイムラグ、短い像消失時間など、唸らされる箇所も多いです。
これも保険としてもう一台を入手(ご覧の貼革交換ピカピカボディです。)。
一方に巻上げ時の「鳴き」、一方に1/2000時にシャッター幕が開かない症状が頻発しますが、あとは実用のレベルにあるようです。
よってこちらも辛うじての二台体制といえるでしょうか。

e0101258_14202984.jpg
CONTAX RTS II QUARTZ(1982.04 発売)
これまでで「もう十分!」なのに、違う意味での「保険」が転がり込んできたカタチです。
新しいだけに外観内部ともに状態はほぼ万全かと。
先代<RTS>と比して「見た目はほとんど変わらなくても別のカメラ」とよく表されますが、シャッター幕も布からチタンに変更されています。
幾分甲高くなったシャッター音が印象的です。
基本操作というか操作理念はRTSをほぼ踏襲、ただ、各所に設けられたロック機構は私には却って邪魔かと。


以上、あっという間に自分でも呆れるような有様も、某オークションでの捨て値というしかない現況がもたらしたものです。
とりわけ<RTS>と<139Q>は驚くべき状況にあります。
実際、いずれの<RTS>も現役時定価の1/70(一方はワインダー付)程度で入手できたのですから。
最早目的を達して今後の競争を心配をしなくていい立場からいわせていただくと、今、これらの機種は「買い」いや、「買うしかない」と思うのです。
比較的安心して入手できるということで<RTS III>以降の機種に人気が集中していますが、カメラとしての使用感は確実にこれら以前の方が上だと断言できます。
人気が集中して高めになった凡庸な使用感のカメラを使うよりも、ちょっとマシなとんかつ定食程度で賭けに出て幸せを掴む方がいいというのが私感です。
少なくとも私は「どうにもならないハズレ」を引きませんでしたし。
ともかく、こうやってかつてはほぼ決まって年配の方が持っていたCONTAXを眺め、弄っている私自身が「妙齢に達した」ことを感無量に噛み締めているのであります。
Commented by M2_pict at 2018-05-20 20:22
軽やかに駆け抜けられているという...。
いやもうおめでとうございますと。
そう、たぶんボディは底値ともいえる状況だろうと推測しているのですが、忙しさにも手伝ってもらいながらオクのページは触れてもいない状況だというのに...なんだか背中を蹴っ飛ばされたような気もします。
Commented by yy2828yy at 2018-05-21 07:50
M2さん、
展開があまりにわかりやすすぎて、なんとも恥ずかしいのですが、正直嬉しくもあります。
昨年の、いわゆるチャイナシンドロームが過ぎて、かなりの落着きを取り戻した感のあるフィルム一眼レフの中にあって、暴落といってもいい状態がCONTAXですね。
139が1000円台、RTSがこの倍程度というのは、OMでいえば二桁機にも及ばないといえましょう。
信頼といえばそれまでかもしれませんが、それなら壊れていてもminoltaのX-1はどうやねん?と。
ま、投資的なことに頓着ない者には、ラッキーですが、といって、これ以下になったり、これがずっと続くとは思えないのですね。
by yy2828yy | 2018-05-19 15:35 | Film | Comments(2)