鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

Killer Lensの洗礼

<Planar85mm F1.4>、まさに泣く子も黙るレンズといえましょう。
『Nカメラ店』のご主人も「まぁ、CONTAX使う人でそれを使わんと意味ないくらいで...」なんてサラッと仰ったほどです。
ところが改めて手にしての印象は「うーん、やっぱりデカくて重いなぁ」でした。
特に小ぶりな<S2>とはアンバランスというしかなく、モータードライブなどのバランサーなくして取り回すには、残念ながら「アウト」が正直な感想だったのです。
ところがいったんファインダーを覗くと...「ギリギリセーフ」にゴリ押ししたくなるといえばいいでしょうか。
眼前に展がる蕩けるような空間は、即ちカメラ機材と私だけの世界なのです。
これがまた、焦点を前後させるに伴い、寄せては返し...たとえ「ファインダー像≠撮影結果」であったとしても、いいレンズとはファインダーを覗いただけでも伝わると信じている私には、もうこれだけで充分。
F1.4の85mmといえば、それなりに味わった天下のNikkorではこんな陶酔は得られなかったのです。
e0101258_18582153.jpg




e0101258_23564243.jpg
CONTAX S2/ T* Planar 85mm 1:1.4
開放 1/1000 FUJICOLOR100 記録用

と、手放しではしゃいでいるようですが、もちろん大きく重いこと以外に不満がないわけではありません。
とりわけ残念なのは、最短撮影距離1mでした。
尤も、先のパンケーキ<Tessar45mm>でもそうだったように、CONTAX用交換レンズは概ね寄れないようで、今更論っても仕方ないことです。
否、このたびの実撮影とその結果は「敢えてこの程度に抑えている」と理解すべきなのだと思い知らされたくらいかと。
というのは、とにかく「ピントが浅い」のです。
無論、85mmのF1.4ともなれば、開放時の被写界深度がごくごく浅いことくらい知っています。
しかしながら、このレンズはわが経験値を遥かに超えていたというほかありません。
このレンズは合焦を自身の勘で捉えることを許してはくれず、まさにスクリーン上でギリギリまで追い込むことを要求するのです。
ファインダーを覗き、ピントを探る行為は至福の時であっても、それにうかうかと溺れてはいられないということでもあります。
e0101258_23564437.jpg
CONTAX S2/ T* Planar 85mm 1:1.4
開放 1/500 FUJICOLOR100 記録用
Commented by M2_pict at 2018-05-02 23:04
キラーレンズとはこのレンズの事(世代によりますが)でしょうか。
OMに決める前、スペック(最短撮影距離、です)と価格で「無用」としつつ、それでもどこか「いつかは」と思わせるレンズでした。
そこに見切りをつける意味でも導入したS-Plaは中々満足ですが、同じPlanarとは言え、やはり「別物」なんですよね。
Commented by yy2828yy at 2018-05-06 18:13
M2さん、
遅くなりすみません...。
われわれの時代はそうなんだと思いますよ。
実際、人並み以上に写真を見ていますが、CONTAXで撮ったものだけは区別がつきましたから。
まだ振り回されているばかりですが、遅ればせながら「遅き春」のような楽しみを覚えております。
by yy2828yy | 2018-04-25 23:58 | Film | Comments(2)