鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

サクラに染まる時

例年ならまだ残りを愉しめるくらいの時期なのに、と考えるだけで、記憶は一週前、二週前...へと遡り、時の経過をなんだか一層早く感じてしまうものです。
とりわけサクラに思い入れのある方ではないにしても、自分でも「手遊び」とはよくいったもので、カメラを向けるには相応に愉しめる...否、そうしても何時ものように「おかしな人」のように思われないという点では、私にとっても大切な撮影対象だとせねばなりません。
e0101258_21522016.jpg




e0101258_21210670.jpg
OM40/ Zuiko85mm 1:2.0
ESP Program f4 Auto FUJICOLOR100 記録用

こんな具合にサクラにカメラを向けていてつくづく感じるのですが、広角系であれ標準系であれ、はたまた望遠系であっても、一応は一つの樹木やその花若しくは花びらに焦点を合わせつつも、自身が見て感じているのはサクラの花や樹ではなく、一つの空間というか雰囲気に向かっていることがほとんどです。
一本の樹が一気に開花することで周辺空間をサクラに染めてしまうからといえるでしょうか。
e0101258_21211197.jpg
OM40/ Zuiko28mm 1:2.0
開放 1/500 FUJICOLOR100 記録用

前回、TAMRONのズームについて書きましたが、いや、決してそれで通したわけではありません。
「サクラ色の時」を求める際は、たとえ母体がOMフタケタ機でも、ちゃんと愉しむべく相応のレンズを用意して臨みますから。
e0101258_21211378.jpg
OM40/ Zuiko85mm 1:2.0
開放 ESP Auto FUJICOLOR100 記録用
by yy2828yy | 2018-04-13 21:28 | Film | Comments(0)