鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

20年

もう少し先になると想っていたのですが、先週末の数輪から一気に開花。
最早八分咲きといってもいいでしょうか。
ま、早まったと言ってもほんの数日の差であり、この時期の気温について「昼からは4月上旬並みまで上ります」なんていっているのと同じようなことでしかありません。
いずれにしろ、私にはちっとも面白くない事実であります。
「同じような」でいえば、先週撮った、サクラモドキ、否、アーモンドの開花。
同じくスモモの花とともに、私はこれはこれでいいと思っているのですが、サクラではないと知った途端に見るからにがっかりとする人はかなり多いようです。
分類からいってもごく近似の種なのに...。
尤も、一絡げにしてサクラとして愉しむおおらかさもいいかも知れないけれど、微細な箇所の差異を瞬時に分別する繊細さはやはり尊重したいところですね。
e0101258_08534018.jpg




e0101258_00344184.jpg
L-3/ ZOOM35-180mm 1:4.5~5.6
180mm 開放 Auto FUJICOLOR400 記録用

三ヶ月も停滞していたのに、サクラまではもたなかった<L-3>に装填したフィルム。
この後に及んでまた新たに装填してサクラを撮ろうという気はサラサラありませんが、ロールの最後に写っていたのがアーモンドの花だったというのは、なんとも面白いです。
望遠側でもかなり寄れるため、この手の撮影はし易いカメラだといえましょう。
フードなしの逆光気味でもシャープな結像も現在のレンズに通じるところがあり、現世的な写りはとにかく実用的だといえます。
ただ如何せん、F5.6という哀しい開放F値では煩雑な背景になす術もなく、また、撮影結果にはなんら関係しませんが、ファインダーでのハイライト部のボケや見え方は、ゾッとするほど穢い感じで...と、またしても好ましくない印象についてばかり書いてしまいましたが、「もう20年」なのか「まだ20年」なのか、なんとも複雑な気持です。
e0101258_00344411.jpg
L-3/ ZOOM35-180mm 1:4.5~5.6
135mm 開放 Auto FUJICOLOR400 記録用
by yy2828yy | 2018-03-28 00:47 | Film | Comments(0)