鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

痛し痒し

既にROKKORの銘はなくなってしまったこのレンズ。
しかし、その実力には正直唸ってしまいました。

絞りリングもなければ、ピントリングといえば鏡胴先方に小さく(細く)追いやられた感じ。
しかもその操作感はスコスコと、使っていて気持のいいことは何もありません。
加えて、既に文句タラタラのボディとくれば...ところが、そのボディがなかなかやる時はやってくれるのですね。

まぁ、この時は確かにいい過ぎた点も多々あるとは自覚しています。
で、その裏付けと補足をしていくつもりでしたが、当然ながら使用を重ねる中で、少なからぬ優れた面も知ることができました。
ただ、そんな幾つかの局面で、必ずといって味わうのがまさに表題の気分といいましょうか。
尤も、敢えて面倒を背負い込むようなことをしているこの頃、お馴染みの感覚だといえるかも知れません。
なぁに、これに較べれば天国でしたね。
e0101258_15331534.jpg




e0101258_2354597.jpg
α-9000/ MINOLTA AF50mm 1:1.4
f4 Auto +1EV FUJICOLOR100 記録用
by yy2828yy | 2016-03-17 23:22 | Film | Comments(0)