鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

優柔不断の咎

多くの人にはルーティンによって行っている事柄が幾つかあるはずです。
日常生活や仕事のことはもとより、趣味の分野でもある種の習慣があるでしょう。
一日鞄の中にいてくれたカメラやレンズを労いながら、簡単にクリーニングするのは、私にとってのそんな一つです。
そんなクリーニングは外装までで済む場合が殆どとはいえ、それでも一応、ファインダーを覗いて視界にゴミやホコリがないかをチェックします。
で、もし何等かが認められたら、それが何処にあるモノかを突き止めますが、フォーカシングスクリーンへのホコリの付着でほぼ決まりでしょうか。
デフォルトがOMヒトケタ機である私にとって、これはある意味日常茶飯事で、スクリーン枠を下し、専用のピンセット式金具でスクリーンの突起を挟んで取り出して「ブロワーでシュッ!」...後は元に戻せばいいのです。
実に簡便でいいのですが、一点の塵もないOMのファインダーを覗いた時に感じる気持良さは、実はこんな安堵感に裏打ちされたものでもありましょう。
e0101258_18235766.jpg




こんなカメラは実際にはごくごく少数で、スクリーンの自由な着脱はおろか、交換にすら対応していない一眼レフが殆どです。
もちろん、OMを選んだ時点で承知していたはずの私なのですが...。
現実にそうでないカメラを前にするといい得ぬ歯痒さを持て余すことになってしまうのは、やはり習慣のせいとするほかないでしょう。

「そういう仕様だから我慢すべし」
スクリーンに付着した黒点を怨めしく思う自身に幾度いい聞かせても、あまりに気になる箇所への一点は私にとって写欲を、否、ファインダーを覗く気を殺ぐほどの影響を及ぼすもので...。
スクリーン交換不可であっても、大抵の機種での取り外しはさほど難しいことではありません。
ただ、やりにくさ以上に、スクリーンを取り出す際、そして戻す際に如何に傷をつけぬかに気を遣うことがむしろ難題なのです。
しかも、新たなゴミの付着を避けるため、戻すのには相応の迅速さが要求されます。
その折にガリッとでもやってキズを付けてしまってもスクリーンだけの入手は不可能に近いとあっては、ジャンクボディでも入手しなければならなくなるのです。

<XD-s>を入手してから約一ヶ月。
その間二本のフィルムを通した中で、葛藤の末に三度スクリーンを外しております。
一度目は初めてのフィルムを入れる前。
これによって長年あったであろうホコリの多くは消え去ったのですが、再度のスクリーンセットの際、新たに舞い込んでしまったと思しき1点が中央スプリット部に!
それでもなんとかフィルム一本を撮り終え...しかし、ここで我慢が爆発し、徐にスクリーンを外し、再度悩みの種を除去...これが二度目でした。
慎重に慎重を期さねばならない...でも、これは作業だけでないことを、実はこのすぐ後に悟ったのです。
数カットの撮影後、ふと無限遠辺りに焦点を合せようとした時...「あれ、ピントが...あっ、やってもうた!」
そうです−−キズや再度のホコリ付着を怖れるあまりに、慌ててビビり過ぎたというほかありません−−スクリーンの取り付け位置が微妙にズレていたのでした。
そんなわけで、すぐさまの三度目のスクリーン外しを決行せざるを得なくなったという顛末です。

間違いないのは、こんな有様では、何時か必ずや「過ち」を犯すだろうということ。
「そのための備えも考えておかねば...」
「否、もうこんなしんどいのいややなぁ...」
要するに総ての元凶はわが優柔不断ということなのかも知れません。

「だから、わたしだけにしておけば良かったのに...」
そんな眼で“彼女”に視られているような、今日この頃であります。
e0101258_0345234.jpg
XD-s/ MD Rokkor 50mm 1:1.4
Auto 1/250 FUJICOLOR100 記録用
Commented by M2_pict at 2016-02-20 08:48
「君が一番。」と言うために。
いや、罪深きことです(^^

今の仕事のヤマを越えて机上がスッキリしたならば、必ず、かならず、、、。
なんとなく自分のトコのファインダーを思い出す一枚ですね。
そのくらいにはゴミの多い私のXD。
そしてKX。
安いなりなところなんです。
Commented by harada at 2016-02-20 13:02 x
こんにちは。
 スクリーン取り外しはトップカバーとプリズムを取らなくともできるのですか?
 全部取るにしても、yy2828yyさんには簡単な事かと思うのですが、、。
 まぁ、すべての作業がパーフェクトに完結するかどうかという気苦労もおありでしょうね。
 たしかに、修理屋さんのように替えパーツが揃っていれば  と思います。

 車でもそうですが、、中古車を買ったら後から出てくる不具合を直す金額を合計すると新車価格に近づくという、
 そんな感じですね。

  ひじき?みたいに見えたのは鳥ですか。こんなところで群れているなんて珍しい光景。
Commented by yy2828yy at 2016-02-20 21:42
M2さん、
いや、まぁ、彼女は別格ですから...なんていっても、普通は赦してもらえませんよね?

で、スクリーンについてつくづく思うのですが、多少ホコリが付いていてもキズはまず付いていないものです。
大抵の人はスクリーンなど交換はもとより、手入れなどしないでしょう。
だから、レンズやボディにカビが生えていてもスクリーンはまず無事なのです。
修理や清掃の名の下、弄くり回して、時にはキズを付けるのは、他ならぬ私なのであります。
Commented by yy2828yy at 2016-02-20 21:50
haradaさん、
「スクリーン交換はサービスステーションで可能」というXDですから、マウント部からアクセスできるようにはなっています。
よって、スクリーンを外せばプリズムにもアクセス可能となり、ある程度の清掃もできるわけです。

イメージは、いわゆる我が街のランドマークをかなり近いところから撮ったものです。
少し前に似たようなのを撮っているのですが、ご覧のとおりカモメみたいな鳥が数多く飛んでいたのが珍しく、カメラを向けました。
by yy2828yy | 2016-02-20 00:39 | Film | Comments(4)