鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

Green- Green- Green

ウリである両優先を少しでも活用しようとの気持で臨んだのですが、いざとなると...
とりわけ「シャッター速度優先AE」の使い所がなかなかありません。
そもそもレンズを最大限絞り込んだ状態にするというマナーが気に喰わないのです。
尤も、<OM-2 SPOT/ PROGRAM>や<OM40>のプログラムAE時と同様、瞬間絞り込み測光によって、必ずしも最大絞り値にセットしていなくても問題なく使えるようにはなってはおります。
よって、絞りを5.6にして、敢えてこれ以上絞り込まれないようにするといった使い方が可能です。
e0101258_18235766.jpg




一方で、このシャッター優先AEには、いわゆるプログラムAEのような機能が隠れています。
モードを“S”に、レンズの絞り値を最大に、そしてシャッター速度を1/125にセットしておけば、「f16、1/250」といった状況でも自動的にシャッター速度がシフトしてくれるのです。
ところが、まさにプログラムAEと同等機能を有しながらも、ユーザーには上手くPRできなかったのでしょう。
結果的には後発Canon<A-1>の後塵を拝してしまうことになります。
そのため、この機能を視覚化して分り易くするため、後期<XD>のシャッター速度ダイヤルの1/125はグリーンに彩られるよう仕様変更がなされました。
全てをグリーン(モードセレクターの“S”、レンズの最大絞値、シャッターダイヤルの1/125位置)に合せておけば「安全」というわけです。
まぁ、私にはあまり嬉しくもないおせっかいに過ぎませんが、取り敢えずテストにやってみた次第であります。
少し前に<F3>でも撮った場所で、また異なった方向、角度から...もちろん、「つとめて」の時間帯です。
絞りは開放近くが選択されるだろうとの目論見で、前回とは違い、近くから遠くまでのボケが連続して見られるような状況としました。
ちょっと意地悪な被写体かとも思われたけれど、いや、なかなかいい感じだと私は思いますね。
e0101258_23463645.jpg
XD-s/ MD Rokkor 50mm 1:1.4
Auto 1/125 FUJICOLOR100 記録用
Commented by harada at 2016-02-04 00:15 x
こんばんは。
 オールグリーンで安全というわけですか。
  シャッター速度優先については興味はあるけど、やっぱり使わないかな、というのが本音ですね。
  しかし、先日失敗がありました。雪降るシーンを撮ったのですが絞りに気を取られ、シャッター速度が低速だったのです。雪が落ちる速度は早く、1/30では流れてしまう。速度優先、もしくはそれのみの割り切ったオートならシャッター速度ありきです。当然速い速度で捉える事ができたでしょう。 おおいに自身の不徳ですが、、
 そんな状況ならシャッター優先も「アリ」かと思います。
Commented by M2_pict at 2016-02-04 08:39
グリーン、グリーン、グリーン。
XDを調べていると出てくるキーワードのひとつですね。
うちのレンズはMCタイプなのでソレを確かめることはできませんが、こうした「高度な事を簡単に」というのは、当時の一眼レフのひとつのキーワードではあったのでしょうね。
そのうちMDタイプも、、、とは思うところではあります。

E-1でデジタルデビュー、、、というより、写真趣味復活した頃、どのシステムを入れるかで一番悩んだのがSONY(KONICA•MINOLTA)でした。
あちらのマクロやSTFの繊細なピント面とボケの滑らかさが、、、。
そんな事も、今回ROKKORを使った事で思い出してきました。
Commented by yy2828yy at 2016-02-04 23:32
haradaさん、
シャッター優先AEが嫌いなのは、タイムラグが大きくなるからです。
このシルキーな操作感のカメラが絞り優先AE+マニュアル機だったら...と。
まぁ、ないものねだりに過ぎませんが、いや、新たにやってきた機種はこのことが原因でもあります。
Commented by yy2828yy at 2016-02-04 23:35
M2さん、
ご存知でしょうが、1/125がグリーンでない個体が相応数あるようです。
即ち、<A-1>のプログラムAE対策以前と以後というわけで...

同じ焦点距離でのバリエーションに楽しみがありますね。
標準レンズだけでも一体どれだけあるのか...なんて。
覚悟していたとはいえ、大変なことになりそうです。
by yy2828yy | 2016-02-02 23:54 | Film | Comments(4)