鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

MD ROKKOR 50mm 1:1.4

本日、現像済のフィルムを受取って参りました。
予告通り、これからご覧いただこうと考えておりますが、フィルムを装填してからこれまで、自身にちょっとした高揚感が継続していたようです。
今までにないタイプのレンズを使い、その結果を目の当たりにしているからでしょう。
標準レンズ付の<XD-s>をいただいた当初、私がより強い関心を抱いたのはボディよりもレンズの方だったのです。
「美しい発色と柔らかいボケ味」がRokkorレンズの定評...というのが私の観念の中にあります。
果して、<XD>が現役当時に恐らくは最も多く使われたであろうこのレンズにもあてはまるのでしょうか。
実際にそうならば、わがZuiko標準レンズが不得手とするところをカバーしてくれるだろう...とも思ったのですが、少なくとも、この目論見は成功を収めたといって良さそうですね。
e0101258_18235766.jpg




レンズ自体は金属とプラスティックによる、お世辞にも高級感あるモノとはいえませんが、操作感は良好です。
またコンパクトで<XD>にはピッタリ合うので、気持よく撮り進めることができました。
考えてみれば、これが最後のRokkorという事になります。
この次の代、即ち、MDレンズの最大絞り値の位置にロックを付けたNewMDシリーズでは最早、Rokkorの銘はなくなり、その後minoltaが一眼レフをαマウントへと転換してからもRokkorの銘は刻まれることはありませんでした。

ただ、このレンズをアキュートマットで使うのは、必ずしもやり易いとはいえないというのが個人的な感想です。
非常に浅く感じられるピントは、しかし前後でなだらかに外れていくのではなく、カクンとアウトフォーカスになってしまう印象を受けるのです。

とまれ、取り急ぎワンカットをご覧いただくことにします。
絞り開放の溶けるようなボケに思わずにんまり...同じF1.4でもわが<Zuiko50mmF1.4>では、残念ながらこんな具合にはなってくれません。
もちろん、<Macro50mm>や<Zuiko40mm>なら満足できる結果が得られるのですが、これらはF2ですからね。
e0101258_23194250.jpg
XD-s/ MD Rokkor 50mm 1:1.4
開放 Auto +2EV FUJICOLOR100 記録用
Commented by harada at 2016-02-01 23:53 x
こんばんは。
 印象としては、やはり滑らかで色気があるという感じですね。

 私は通常パソコンで鮮鋭さを増すような処理をしますが、今回、このROKKORに関してはその処理を最小限にしました。レンズ特有と思われる滑らかさを活かしたいと思ったからです。
 普段はエッジの利いた描写が(昨今のデジタル描写)いわゆる活写であると信じがちですが、ちょっと待ってよ! これが「写真」ではないの?と言いたい描写だと思いますね。

 いくら本やネットで、ソフトな描写だと聞かされてもピンときませんでしたが、今回自らの現像と、こちらのカラー写真を拝見し、ROKKOR 50mmを愉しめたと思います。

   レンズ相応の優しいモチーフをお選びなさって、、。
Commented by yy2828yy at 2016-02-02 07:42
haradaさん、
ま、結果はこんな具合なのですが、そもそも撮影中から違います。
即ち、そもそもファインダーが違うからです。
明るさはminoltaに分がありますが、それ以上に視野率、倍率の差を感じます。
何より、慣れが全然違いますからね。

これは仰る曇天、というか夕刻近い薄曇の中で撮りました。
過去にも何度か臨んでいる場所です。
少なくとも主題と回りの空気感がいいかと。
このことはいわゆるアウトフォーカス部、ボケが好ましいということかと理解します。
同等の雰囲気が出るレンズはZuikoにもありますが、二線ボケしがちのOLYMPUS標準では望めないものです。
つまり随一の明るさでの良ぼけレンズを得たということになりましょうか。
こうなると他のバリエーションも見たくなるのが人情、エライことに踏み込んだかも知れません。
Commented by tact1215 at 2016-02-02 22:15
こんばんは。

そんなに見せつけられたら
使いたくなりますよ ロッコール^^
Commented by yy2828yy at 2016-02-02 23:59
tact1215さん、
まだまだ端緒です。
いや、私がもう落ちましたから、誰か道連れも必要かと。
どうぞ...お待ちしております。
by yy2828yy | 2016-02-01 23:26 | Film | Comments(4)