鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

"s" の意味

まるで40年の年月を超えたようにやってきた<minolta XD>。
ただ、私の手許にあるのは正確には僅かに仕様の違う<XD-s>となります。
<XD-s>とは<XD>(のブラックボディ)に世界初の視度補正機構を搭載したモデルなのです。
今でこそエントリークラスのデジタル一眼レフにも付いている視度補正機構ですが、当時の遠視や近視の人は必要に応じて視度補正レンズを取り付けなければなりませんでした。
そんな風にOMを使用していた私は画期的なことだと羨ましく思ったけれど、一般には未だこの機構の有効性はさほど評価されなかったのでしょう。
しばらくは他社の追随もなかったし(<OM-4>への搭載は1983年)、minoltaのその後の一眼レフに装備されることもありませんでした。
よって、<XD>と<XD-s>も当然のように併売され続けたのです。
e0101258_18235766.jpg




尤も、斯様に先進というべく<XD-s>の視度補正機構は、実はオリジナル<XD>のアイピースシャッター機構を犠牲にすることによって成り立っています。
即ち、補正調節用のダイヤルが<XD>のアイピースシャッターレバー部に設けられているので、意地悪なことをいえばアイピースシャッターを使えないということにもなるわけですね。
とまれ、入手困難なオールドカメラの付属品(視度補正レンズ)を想うと、私には打ってつけというべく<XD-s>だったというべきでしょう。

さて、ここでクイズを一つ。
<XD-s>の“-s”は何の略でしょうか?

よくあるのは「“S”uper」とか「“S”pecial」といったところかと思います。
でも、違います。
視度補正だから「“S”hido」...って、カッコ悪すぎますね。
じゃあ、自由に選べるから「“S”electable」?
e0101258_22135049.jpg


...果して答は「“S”enior」、シニアだということです。
うーん、なんとも微妙な命名というか、このカメラが販売の点では地味に終ったことを象徴しているような、といえばあまりにも穿ち過ぎでしょうか。
これを知った学生の時分は、「別に補正が必要なのはそういった年齢の人ばかりではないのに」と思った程度でしたが、その域にどんどん近付いている今となっては、アイロニーとペーソスすら感じてしまうのであります。
Commented by harada at 2016-01-21 01:49 x
こんばんは。
 シニアー ですか。 私の勝手なイメージでは仁丹の匂いが、、いや失礼。つまり上級者向けと想像いたします。

 視度補正の機構は、おそらく近視眼の人にはあまり意味がないのかもしれませんね。近視人はつねにメガネをしてますし、ファインダーを見るためにメガネを取るなんて事はちょっと滑稽だったりします。
 やはり遠視人向けとなるのでしょうか。老眼イコール シニアーならば、シルバーでも、、。

 ところで、シャッター優先オート機能がありますね。それ相応のお作品を楽しみにしています。
Commented by dasiko-hampen at 2016-01-21 06:47 x
おはようございます。
6〜70年代の日本のバイクレースでは国内ライセンス所持者をノービス、国際GPライセンス所持者をシニア、とカテゴライズしていたそうです。やはり上級者=かっこいいイメージ、と思いたいです。
黒のXDはミノルタ好きとしては憧れのカメラですから。
Commented by tact1215 at 2016-01-22 20:35
ミノルタといえば、αのAF以降の印象が衝撃的で
電子的な意味で精鋭なイメージを抱いてましたけど
自分が所有するSR-1を分解してみると、実に質実剛健。
レンズも、今更語るのは恥ずかしいので言いませんw
それに、何でしたっけ?露出のCLCシステムやら、攻めというか
独自のシステムを持っていたり、巻き上げ角がやたらに大きいの
だけど、フィルムの巻上げ感触にこだわるあたりなど・・・
いちいち、真面目にこだわるメーカーであると感じており、個性
ある好きなメーカーであると、今になって感じているのです。

支離滅裂でごめんなさい。
Commented by yy2828yy at 2016-01-22 23:34
haradaさん、
まぁ、minoltaはCAPAでもX-700が出るまで人気なかったですからねぇ。
視度補正は嬉しいのですが、今、私が欲しいのはアイカップ。
これは探すの大変そうで...

シャッター優先AE、いやぁ、私が最も使わないモードですね。
なんとかします...が。
Commented by yy2828yy at 2016-01-22 23:36
dasiko-hampenさん、
もう少し早く使えば良かったと後悔しているくらいです。
仰るとおり、シニアにはオジン以外の意味が多くあるんですが、minoltaそのものがオジンくさいカメラだと当時は思われてもいたような...
XD、是非一緒に使いましょう!
Commented by yy2828yy at 2016-01-22 23:38
tact1215さん、
いえいえ、いろいろ蘇りますね。
そんな想いにお応えできるかどうかは分りませんが、新たなエントリーは私の偽らざる気持です。

で、αを交えたminoltaとMinoltaについては後ほどまた書くつもりです。
by yy2828yy | 2016-01-20 22:22 | Film | Comments(6)