鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

Mr. Bowie...

かのDavid Bowie氏が亡くなったニュースを唖然として受け取りました。
かつて忘れられない“遭遇”はあったけれど、好きな楽曲が幾つかある程度で、とりわけその動向を注視してきたわけではありません。
それでも、新しいアルバムの発売と来年日本での回顧展開催の報せを聞いたばかりだったのに...。
かなりの衝撃を感じております。
こんな時にこそ、自身の齢というモノを思い知るんですね。

謹んで哀悼の意を表します。
e0101258_11504758.jpg




e0101258_2227453.jpg
OM-1/ Zuiko200mm 1:4.0 + Teleconverter2X-A
開放 1/250 FUJICOLOR100 記録用
Commented by M2_pict at 2016-01-14 08:47
懐かしい記事(^^

Bowie氏の印象としては私も近いところだと思います。
FMあたりで新作のニュースを聞いて「きっとバリバリにカッコイイんだろうなぁ、久々に買ってみようかなぁ」なんて思っていた程度ではあります。
また、ちょうどその日に手元にやってきたKingCrimsonの古いLive-DVDに、BowieのHeroesのカバーが入っていて、ちょっと驚いてたりしました。

これからは益々様々なものを「失くしていく」、そういう時期に入ったのだと、改めて思ったりしています。
Commented by yy2828yy at 2016-01-14 22:25
M2さん、
懐かしい...そうですね、もうかれこれ一昔前のエントリーですから。
David Bowieは、『Let's Dance』が文句なくかっこ良く、また自身の経験と時代も合うのですが、個人的にはそのアルバムに入っている『China Girl』がお気に入りだったりします。

最後の一文、まさにそんな気持で、実はちょっとおかしなことをしてしまいました...
by yy2828yy | 2016-01-11 22:38 | Film | Comments(2)