鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

Heavy Metal

<Konica IIIA>はカメラが金属とガラスで構成されていた時代を体現し、われわれに伝えてくれる最たるカメラだと思います。
もちろん、当時のカメラの素材としてボディに金属が、レンズやファインダーにガラスが用いられるのは一般的なことではありました。
しかし、<Konica IIIA>の全体の角ばった造形や、鋭角なエッジや操作部からの金属感、そしてまさにガラスの固まりたる「生きているファインダー」を体験すれば、私のいうことも強ちオーバーではないとご賛同いただけるような気がするのです。
e0101258_23412911.jpg




e0101258_22205765.jpg
Konica IIIA/ Hexanon50mm 1:1.8
f5.6 1/250 Kodak GOLD100

さらに注目すべきは、それらの素材が良質であり、かついい仕上げによってしっかりと拵えられていることでしょう。
この点は、残念ながらわが愛する<Lord-5D>をはじめとする他社のカメラの多くが及ばぬところでもあります。
それでいて他と較べて大きいわけでもなく、<Aires35 IIIc>よりも一回り以上小さく見えるのですから、その凝縮感も際立つというもの。
各部の剛性感やメッキの上質感を比較的身近な例で喩えるとすれば、<Nikon F>が想い浮かびます。
とにかく、手にずっしりとくる感じは、実際の重量だけでなくこれらの素材が皮膚を通して伝えるものだと思うほどです。

斯様に、見た目だけでなくこのカメラが手や指に与える感触は実に心地いいのですが、さすがにいいことずくめとは参りません。
金属が手指に好ましからざる影響を及ぼすのは何も極寒の日ばかりではなく、ちょっとした連続操作で分ることもあるわけで...
例えば、それはボディ右前面というお決まりの位置にあるセルフタイマーレバーであり、ボディ左肩に収納された巻戻しクランクであり、アクセサリーシューの角だったりします。
独特なエッジで金属ならではの美しさを伝えるはずのこれらの箇所に、カメラを構えたり操作する拍子に指や掌が触れるととても痛いことを知りました。
こう書きながら、自身の軟弱さを露呈しているようなのがなんだか気が引けるところではあります。
しかし、私がこのカメラの最大の欠点とすることは、ある意味で金属が関係しているのです。
これについてのお話は長くなるので、また項を改めてということで...。
e0101258_22204236.jpg
Konica IIIA/ Hexanon50mm 1:1.8
f8 1/100 Kodak GOLD100
Commented by harada at 2013-11-04 01:34 x
 こんばんは。
 手の皮を厚くして持たなければなりませんね。

 まったくの想像でしかないのですが、速写ケースというものは、カメラの保護より手の保護のためだったりして? 使った事ないですが。

 痛いとおっしゃりながら、相変わらずユニークな写真ですね。一枚目は写りこみのようですが、どうなっているのかわかりません。わからないところがシュールレアリスムです。
Commented by M2_pict at 2013-11-04 10:00
素材の特性がきちんと反映しているモノは美しいと思っています。
そこと折り合いを付けていく試行錯誤も(作る方も使う方も)面白いところかと。

とてもイイ画で困ります。
忘れておきます(今度は本当に)。

1枚目、撮られている姿を想像してニヤニヤ。
上下どちらかが実像かと思いきや、、、という画ですね。
Commented by a-path at 2013-11-04 13:12
こんにちは。
最近拝見しているカメラたち… ほとんど知らなかった世界です。 
このカメラも魅力的ですね。
仰る、金属に関係する「最大の欠点」が気になります。

1枚目、前のコメントに、ああ、やっぱり、と… 
ワイパーらしきものが見えますね。
Commented by heion at 2013-11-04 13:20 x
これはまた・・・青が独特なものに見えます
にゃんこが好む居場所とおぼしき???

小ぶりであっても金属製のものは思った以上に
重さを感じますね
レリーズの瞬間がプラスチックと違うことに
はっとさせられます(苦笑
(コメントになってません;汗)
Commented by yy2828yy at 2013-11-04 21:27
haradaさん、
昔のカメラにはアイレットがなくストラップの取り付けができないものが時折あります。
愛用の<RetinaII>などもそうで、ストラップはケースに付く仕様となっております。
ま、私もケースは全く使う気になりませんね。
1枚目は日没前、車体にくっきり空と建物が映っていたの
Commented by yy2828yy at 2013-11-05 06:38
M2さん、
仰る通りの状況で、空の青はそのものの色とは違うのですけどね。
まぁ、これだけスッキリ写るレンズではあります。

で、私ではなく、行きつけの写真店のご主人の言、
カメラや写真が好きな人は一台持っておいて損はないカメラ、だそうですよ。
Commented by yy2828yy at 2013-11-05 07:08
a-pathさん、
私もほんの数年前までは見向きもしなかったものばかりです。
カメラを使う側としては、自分の使うものが都合良くさえあればそれでいいのが道理だと思います。
そうだった自分がちょっと変わったというか…
前向きが正しいとされる人の世ですが、ええ歳をしたものがいつまでもそうやっているのは分不相応でカッコ悪いとの衒いもあります。
一枚目の種明かし、さすがにご名答であります。
Commented by yy2828yy at 2013-11-05 07:29
heionさん、
これぞKonicaブルー!といいたいところですが、青の上に青をのせたわけで…
別に金属フェチではありませんが、カメラ、基い精密機器は金属という思い込みはあります。
偏見だとかいわれそうですが、こんな思い込みがとってつけでは無理な係り結びを強固にする…悪いことではないと考えます。
by yy2828yy | 2013-11-03 22:52 | Film | Comments(8)