鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

ホッとよりゾゾッ

歩いていて、何気なく愛用の鞄についているメッシュポケットを探ると、小さなモノが指先に触れました。
取り出して確かめると、直径6mm・厚み3mmほどの円い金属片。
内側は肉抜がされており、何かの蓋を想わせます。
咄嗟には心当たりがないものの、何処かで見たような気はするのです。
とにかく、棄ててはいけないものであり、家に帰るまで大事にしなければならないと感じました。
それでもとても気にはかかるので、あれやこれやと‥。
尤も、私の鞄に入っている大事なモノといえば、何らかのカメラの部品に間違いなく、すぐに思い当たりましたが。
e0101258_15342962.jpg




e0101258_211724100.jpg
PEN-F/ F.Zuiko38mm 1:1.8
f2 1/15 Kodak ProFoto XL100

e0101258_21171416.jpg
PEN-FV/ F.Zuiko38mm 1:1.8
f2 1/15 Kodak ProFoto XL100

e0101258_2117347.jpg
PEN-FV/ F.Zuiko38mm 1:1.8
開放 1/15 Kodak ProFoto XL100

e0101258_21165385.jpg
PEN-FV/ F.Zuiko38mm 1:1.8
f4 1/60 Kodak ProFoto XL100

帰宅後、恐る恐る防湿庫からあるカメラを引っ張り出してみると‥ビンゴ。
<PEN-FV>のセルフタイマー固定ネジ兼、化粧蓋兼、作動用ボタンだったのです。
しかし何故に?
確か、『Nカメラ店』でフィルムを出した時にはあったはずです。
それにしても、鞄の内部に転げ落ちていたのなら、ごく当り前だといえます。
鞄の背面収納部でも、それなりに納得もいきましょう。
でも、鞄の外に付いている小さめのポケットなどにどういう弾みで入るのでしょうか。

とまれ、時と場所の問題はさておき、知らぬ間にカメラから部品が脱落した事実を思えば思うほど、よくぞポケットの中に落ち込んでくれたと、ホッとする以上にゾッとする気分を味わうばかりでした。
その後ゴムを押し当てて強くねじ込んだのはいうまでもありませんが、やっぱりセルフタイマーなんてない<PEN-F>の方がいいですね。
e0101258_21164360.jpg
PEN-F/ F.Zuiko38mm 1:1.8
f2 1/15 Kodak ProFoto XL100

Commented by M2_pict at 2012-04-09 08:23
同じような事を、以前ご提供頂いたあの蓋で経験した事があります。
鞄をひっくり返して掃除していた時にポロリと落ちたソレ。
実はOMからも写真からも気持ちが離れていた頃の事で、しばらく思い出せなかったのですが、《所属不明の小物箱》というものの中に放り込み数年、引越しの際にOMをひっぱり出してふと思い出したのでした。

あれは取り外しする“蓋”ですから外れて当然という部材。今回の“隠し蓋”とは違いますが、そんな事を思い出した今回の記事でした(^^
Commented by yy2828yy at 2012-04-09 19:44
M2さん、
未だにヒヤッ、ゾッとします。
シンクロカバーはよくなくしました。
一方、ホットシューカバーは、なくしたのにどこからかやってくる‥。

ところで、全く違う話なのですが、m4/3用外付EVFのアイカップ、
あのゴム部ってOMのモノに流用可能なんでしょうかね。
1ダースほどのストックはあるものの、いろんな方策は抑えておいた方がいいですから。
by yy2828yy | 2012-04-05 21:37 | Film | Comments(2)