鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

春・驟雨

お昼過ぎ、ポツポツと落ちてきたと思いきや、瞬く間に雨脚は強まり、ほんの少し前に青かった西の方も灰色になりました。
こんなことなら外に出るのではなかったと舌打ちをしながら、とある軒下で雨宿りです。
やがて本降りになった空には、なんと稲光に雷鳴まで加わって、結局30分近くもボーッ往来を眺めることになりました。
まぁ、慌てることもなかったし、待てば止むだろうと想えば、少しは風流な気持にもなろうというものです。
e0101258_11504758.jpg




e0101258_20213055.jpg
OM-1/ Zuiko135mm 1:3.5
開放 1/500 Kodak ProFoto XL100

e0101258_20211659.jpg
OM-1/ Zuiko135mm 1:3.5
開放 1/125 Kodak ProFoto XL100

e0101258_2021223.jpg
OM-1/ Zuiko135mm 1:3.5
開放 1/1000 Kodak ProFoto XL100

Commented by kurobei-leica at 2012-03-28 21:23
yy2828yyさん、こんにちは~♪

春雨じゃ、濡れて帰ろうなんて台詞もありましたね。
余裕があれば、雨もまたオツなものです。

枕草子の夏の夜も好きです。
Commented by a-path at 2012-03-28 23:10
こんばんは。 
2つ前の記事の1枚目のマクロレンズのボケが好きでしたが、135mmのボケもいつもながらいいですね。
リアルにその場の空気と時間の経過を体験できるようです。
それぞれの光のあり方が何とも。
最後の下の方の電線…
Commented by yy2828yy at 2012-03-29 07:45
kurobei-leicaさん、
‥と想って歩き始めたのですが、かなりの本降りになってしまいました。
1,2枚目は時折様子を見ながらカメラを濡らせて撮ったモノです。
万事気持の問題といえばそれまでかもしれませんが、ま、ここ数日の“コリ”が落ちたような雨ではありました。
平安の時代に戻るまでも、せめて私たちが子供の頃の夏の夜なら‥というところでしょうか。
Commented by yy2828yy at 2012-03-29 07:48
a-pathさん、
このレンズのいいところは取り回しの楽さと仰るボケでしょうか。
その分、旧いなりの弱点はあります。
地味な傾向が強いZuikoの中でも、かなり色気がないことと逆光に弱いことです。
最後のも逆光を怖れつつ、ようやく収めたフレームではあります。
by yy2828yy | 2012-03-28 20:26 | Film | Comments(4)