鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

リアルタイムに絵空事

政治屋の見(聞き)苦しい答弁みたいなものに行き当たりました。
かつて<E-410>を構えて気色の悪い笑みを浮かべていた人によるようですね。
基礎のない電器屋の朱に交わって赤くなった蒼は、尻馬に乗って一眼ということばを不当に使うようになり、今度はこれかと。
「物事がいったん悪い方向に落ち始めると、あとはなし崩し的に落ち続けるばかり」ということの好例として愉しく拝読しました。
ただ、愉しめはしても、誇大な宣伝という点では如何なものかと。
e0101258_15342962.jpg




e0101258_10273185.jpg
PEN-F/ F.Zuiko38mm 1:1.8
f2.8 1/500 Kodak ProFoto XL100

EVFがリアルタイムであるわけないじゃないですか。
いや、もちろん、かつて<CONTAX RTS>という名称もあったように、即時性を強調表現してのことだとは分ります。
しかし、それなら劣った方を優れているとする嘘を指摘しなければならなくなります。
視認のリアルタイム性という点では、EVFの表示反応が如何に進歩しようとも、何処までいっても(答弁の人語るところの)素通しに敵うわけはないからです。
われわれは光の速度で素通しを見るのに対し、どこまでいっても残像でしかないのが電子表示です。
e0101258_10271333.jpg
PEN-F/ F.Zuiko38mm 1:1.8
f2.8 1/500 Kodak ProFoto XL100

e0101258_1027193.jpg
PEN-F/ F.Zuiko38mm 1:1.8
f2.8 1/500 Kodak ProFoto XL100

続いてゴチャゴチャ書いていることを、百歩譲ってデジタルの利点だと認めなくもないけれど、ほんとうの意味での最終結果が分らないのはフィルムもデジタルも同じこと。
デジタルでは飽くまでもシミュレーションをして見せてくれているだけなのです。
これを否定はしませんが、本来こんな高価なカメラを買うような、ちょっとした経験者ならほぼ外れなく結果も想像できるというものです。
回り諄いモノのいい方をする私が全てをここまでで示せたことを、誤魔化そうとするから、都合の悪そうなところはカタカナと感覚を持ちだして長々となってしまったことが窺えます。
最も面白かったのが、「残像への“没入”」を喧伝する下りです。
私としては「一体どないせえっちゅうねん!」というところですが‥。
で、表題のようなコピーは如何かという提案であります。
e0101258_10264966.jpg
PEN-F/ F.Zuiko38mm 1:1.8
f2 1/500 Kodak ProFoto XL100

最後にもう一つ指摘しておくとすれば、「OMブランドを復活する以上、恥じない画質を実現」というところでしょうか。
OMの画質はレンズに負うところもありましょうが、根本は35mm判のフィルムに依存します。
ろくなレンズを出さずして、また力のなさから110サイズ相当の規格に逃げておいてのこの言い種。
「見る方、聞く方が恥ずかしい」とは、まさにこんなことをいうのでしょう。
e0101258_10263878.jpg
PEN-F/ F.Zuiko38mm 1:1.8
f2 1/500 Kodak ProFoto XL100

Commented by fine-view at 2012-03-18 12:35
こんにちは
PEN-F の写真とてもすきです
まだありますか?
見せていただけたら嬉しいです
Commented by M2_pict at 2012-03-18 15:46
読んでいてがっかりするオリの記事でした。
出た方が新しい若い方だったという一点で、デザインの記事の方がまだ読めました。

似たモノを同じモノとして比較することはナンセンスだと。
まぁ、でも、MacとWinを同列に比較してきた世の中ですから、そういう見方をしたがるものなのかもしれません。
Commented by yy2828yy at 2012-03-18 16:47
fine-viewさん、
35mm判での55mmくらいの画角でありながら30cmまで近寄れるので、こんな具合に近接撮影もこなせます。
写りもご覧の通りでとてもシャープであり、なおかつボケの感じも好ましいものです。
なんせ36枚撮のフィルムで80カットほど撮れますから、出来はともかくもまだまだご覧いただくものはあります。
また見てやってくださいまし。
Commented by yy2828yy at 2012-03-18 16:56
M2さん、
<OM-4>の開発にも関わっただなんて、いわない方がいいとも思いましたね。
ほんとうに使っている者が真に受けるわけでも、また好意的に受け止めるわけでもないのに。
ここいらにも安易にOMを引っ張り出した軽々しさが看て取れます。
要するに品性が下劣なんですね。
実に不細工なカタチでの「出戻り」を見て、真っ当なカメラ各社は失笑していることでしょう。
by yy2828yy | 2012-03-18 10:39 | Film | Comments(4)