鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

均衡

ちょっと湿気が増すだけでドドッと暑さが増し、額から頬を伝う汗の量も増えます。
空は秋の風情なんですが。
暑さの問題以上に、私は湿気に弱いようです。そのせいか、ここ数日、低調気味でもあります。
逆に「クーラーで部屋が乾燥している」なんていわれても、ちっとも不便や不満を感じないばかりか、理解ができないほどであります。



e0101258_8561757.jpg
E-3/ ZD11-22mm 1:2.8-3.5
F: 22mm 絞り優先AE: 開放 -0.7EV

1週間ぶりに訪れた整形外科には、経過が良好であるとのお墨付きをいただきましたが、まだ膝には少し違和感が残ります。
「先生、何時ごろ走れるように−−いや、決してランニングをおっ始めようというつもりはないんですがね、その、あの、咄嗟にダッシュ、なんてのが普通にできるようになるんでしょうか」
少し遠慮気味に尋ねる私の意図をすぐ察した先生は、
「要するに、『あの信号を待ちたくない』というような時ですね。まぁ、あまり急がずに1、2ヶ月すれば、嘘のように元に戻りますよ。とにかく今はガツガツ、イライラ、無理しないように」
と。この前の初診で見透されているようです。
e0101258_8563094.jpg
E-3/ ZD11-22mm 1:2.8-3.5
F: 22mm 絞り優先AE: 開放 -0.7EV

仰せの通り、「西東の両側から」ということは普通に理解できますが、師匠のそういうクールさは、実は、関西であって関西でない、京都というDNAをお持ちだからこそだと、私は拝見しておりますが。
「京」とは、いわば西も東もない唯一無二の均衡。「関西中華思想」という曖昧で甘い認識を持って彼の地に赴き、散々苛ついて、いなされ、果てに逃げ帰ってきた私が、ひしひし感じていることでもあります。
最後の優れた川柳、ご多分に漏れず、私も「年上」の文字に反応します。ただ、かくなるかっこわるさを伴う胸キュンは、京都ではなかなか残り得ないものと感じる次第です。
e0101258_8564380.jpg
E-3/ ZD11-22mm 1:2.8-3.5
F: 22mm 絞り優先AE: 開放 -0.7EV

Commented by M2_pict at 2009-09-06 22:31
「元のように.. .」これってなかなか言ってもらないような気がします。
イライラせずに...というのは難しいと思うのですが、
これからは夏が遠ざかる季節ですから、というのもナンですね。

さて、今週はAppleからのリリースがなにかあるのでしょうね。
ちょっと楽しみにしつつ、ストレスとの均衡を狙ってみたりしています。
Commented by KUZU at 2009-09-06 23:06 x
ボクは、暑さ以上に湿気がダメです。。
ジメジメしているだけで、動く気力もなくなります。
何より、にじむように出てくる汗がダメなんですよねぇ…

そんな時は、カメラもお休みで、在庫を出してしのいでおります。
Commented by yy2828yy at 2009-09-08 06:13
M2さん、
仰るとおり、なかなか元には戻りません。
それはOLYMPUSを見れば分ることでもあります。
10年以上ものブランクが如何に大きなものか。
私の脚も、このブランクがどう作用するか分ったものでありません。

Appleの発表とLeicaの発表、まぁ後者は直接関係ないですが、
やはり小型カメラの祖ですからね。
Commented by yy2828yy at 2009-09-08 06:15
KUZUさん、
ヨーロッパなどに行くと、驚くほど体調がいいので、
やっぱり自分はこの国に向いていないのかも、とよく思います。
まぁ、長年住まないと実のところは分りませんがね。

どんなに気持悪い気候でもカメラは必ず持ち歩きます。
1枚も撮れない日も少なくないのですが。
by yy2828yy | 2009-09-06 09:05 | "Pond of Sighs" | Comments(4)