鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

癇症病み

これは<E-P1>だけの問題ではないものの、どうも中途半端で使えない機能の一つにライヴヴューによる電子水準表示というのがあります。<E-30>以降、今や新機種には必ず搭載されるOLYMPUS自慢の機能と思しきものです。
もちろんこれは、「使えない」と感じるなら黙殺して使わなければいいレベルのものであり、事実、光学ファインダーでも使える<E-30>の場合はそうしてきました。しかし、背面の液晶ファインダーでの使用をお仕着せする<E-P1>では、より深刻なこととなります。



e0101258_21135750.jpg
E-P1/ mZD17mm 1:2.8
絞り優先AE: 開放 -0.7EV

「癇症病みのようにフレーミングをする」と揶揄されたことがあります。確かに、正面からモノに対する場合、縦横の線はそれぞれ真っ直ぐに、直角は直角に写るように・・私の注意は専らこれらのことに向けられ、実際、かなり神経質になっていることも自覚します。というよりも、これらは当り前のことなんだけど、自分は少し苦手なので、注意を払わざるを得ないといった方がいいでしょう。
そんな私はフォーカシングスクリーンを全て方眼マットに交換(交換可能機種の場合)していますが、電子水準器搭載の<E-30>が発表された時は、癇症を少しは抑えてくれる機能になるだろうと期待を持って歓迎したものです。
ところが実際に使用してみて分ったのは、これに頼るよりも、方眼マットを見ながらサッサと自分で合わせてしまった方が、タイムラグもなくて速いという、いわば当り前のことでした。当初は物珍しくて数回利用したものの、何時しか存在を忘れる機能となっているようです。
ただ、「錯覚」を指摘してくれる客観的な指標として、あれば時には便利だとは思っています。特に<E-30>の光学ファインダーで表示しておくようにすれば、場合によって参照することができます。
e0101258_2114898.jpg
E-P1/ mZD17mm 1:2.8
絞り優先AE: 開放 -0.7EV

前置が長くなりました。
今回の問題は、<E-P1>の背面液晶で電子水準器を表示した際、ほかには何の情報も表示されなくなってしまうということです。あれだけ五月蝿くあれやこれやの数値を表示していたのが、電子水準器を表示させると一転、絞りやシャッター速度すら表示されず、ただ左右と上下の傾きを示す目盛が2つ表示されるだけなのです。
まぁ、各種設定の数値は、大抵それを決定してから撮影に臨むし、粗方の見当は付くのでそれほど必要はありませんが、せめて方眼表示は示して欲しいものです。
もとより電子水準器などないものと思ってしまえばいいのですが、明るい場所での性能が光学ファインダーとは較べものにならない低レベルの液晶ヴューファインダーでは、「せめて“暗がり”のナビゲーターに・・」との気持で電子水準器を表示したくなるケースは決して少なくありません。
e0101258_21141741.jpg
E-P1/ mZD17mm 1:2.8
絞り優先AE: 開放 -0.7EV

これらの“仕様”を見ていると、またしても「必要だから付けた機能」というのではなく、ただ「付けられるから付けた」といった浅はかさだけを感じます。
「自慢の機能を付けた」と喧伝するだけに止まる非実用性は、実際に色んな状況や場面で使用し、その考慮の上で搭載されたものではないからだと断じるしかありません。その証拠にこの“仕様”は最初に<E-30>に搭載された(LiveView時)そのままで変っていないのです。

冒頭に述べたように、ちゃんと光学ファインダーで「準実像を見て」撮れるカメラはこれでもいいでしょうが、背面液晶で「出力される残像」に反応して撮るしかないようなカメラに搭載するのなら、せめてそれなりに手直しをして然るべきではないでしょうか。
e0101258_21142991.jpg
E-P1/ mZD17mm 1:2.8
絞り優先AE: 開放 -0.7EV
Commented by arata at 2009-07-13 02:58 x
今日のお話を拝見して、あまたあるどんなレビューよりも参考になると、またしても認識いたしました。
電子水準器に対しては少しだけ羨ましく感じるものがありましたが、yy2828yyさんのレビューによって、それも気にすべきものでないことが分かり一安心。うすうす感じてはいましたが、「電子何々」と言うものにダイレクト感の伴うのものは数少なく、おおかたは所詮イライラするものというのが分かります。
K-7のも見ましたが、あれはその後の処理で一歩進んでますが、それとて子供騙しだと私は感じてしまいました。好きなひとは重宝するでしょうが。
Commented by NeoN at 2009-07-13 06:06 x
なるほどですね。
露出計がデジタルや±マークよりもアナログ指針式の方が直感的でわかりやすいっていうのと似ているのかなと思いました。
Commented by M2_pict at 2009-07-13 19:59
店頭で触れた範囲ではありますが、おっしゃるような不思議な使い勝手を感じていました。
また(これも店頭で触れただけですが)GRD2の水準器の実装は、なかなか適切だとも。
無ければ無いでそれなりに使うだけなのですが、、、。

歪曲、完全な補正ではなく、微妙に残してあるんですね。
これが文字通り残してあるのか、
それとも一定の基準の中で「取りきれなかった」のか、勘ぐってみたり(^^;
Commented by yy2828yy at 2009-07-13 21:27
arataさん、
ゆーっくりと撮る場合なら、それなり以上に役立つでしょうが、
そもそも小型カメラでゆーっくりと、というのではダメでしょう。
今回の話は、別にないものねだりではなく、使えるようにするには・・
というしごく当り前の話をしたつもりです。
仰るとおり、電子ナニナニに隔靴掻痒感のないモノはありませんね。
しかし、電子に逃げることによる技術と感覚の喪失とでもいいましょうか、
分らない人には分らないのでしょう。
Commented by yy2828yy at 2009-07-13 21:43
NeoNさん、
飛行機の計器類が昔そうだったという話を聞きます。
量がすぐに分るアナログ。
その量を感覚として身に付けるのが人間なのですが。
Commented by yy2828yy at 2009-07-13 21:47
M2さん、
はっきりいって、これダメかも・・と思いつつあります。

歪曲に関しては、デジタルで直そうという性根が、そもそもダメでしょう。
この場合、取りきれなかったに違いありませんが、
そもそも、残すとか、残さないとか、そんなさじ加減を云々できるほどに、
キチンとカメラを使い込んで拵えているとはとても思えませんね。
Commented by 九尾 at 2009-07-16 13:37 x
僕にとって歪曲と水平は切っても切れない関係です。上下左右、画面端にある直線をそれぞれまっすぐに揃えてやれば水平は簡単に撮れるのですが、レンズに歪曲があるとそれができないのですよね。

背面液晶では補正されてるからといっても、画面端が要らない情報で埋まっているという…。そもそも、この17mm、歪曲がかなり残っていますね。
Commented by yy2828yy at 2009-07-16 18:39
九尾さん、
悪い予想が当り、このレンズはm4/3版の<ZD25mm>でした。
自分の中では、パンケーキ=歪曲という図式が出来つつあります。
道具としての本質を失ったチャラチャラした現象ばかりが報じられておりますが、
まさにこのシステムの象徴は、薄いだけのこのレンズと使う時は長大化して格好悪くなるズームでしょう。
by yy2828yy | 2009-07-12 21:20 | OLYMPUS | Comments(8)