鞄の中身

タグ:Zuiko 40mm F2 ( 311 ) タグの人気記事

新年快楽!

旧正月。
神戸でもいわゆる中華街を中心に「春節祭」が始まっています。
日本では全ての行事までをカレンダーに合わせてシフトさせてしまっていてさほど話題になることもないようですが、「新春」というからにはもうちょっと大事にしてもいいんじゃないかと私的には思うのです。
「カウントダウン」なんていって騒ぐのは、それこそカレンダーの一月一日に任せて、正月気分はその後しばらくしてからにすればいいのに...なんていえば、怠け者の戯論といわれるでしょうか。
でも、やっぱり前回のことも合わせて考えるに、暦を名残だけにしない、否、むしろおかしな違和感を抱かないようにするには、より良いように考える次第です。
カレンダーの調整なんてのは、それこそコンピューターがやってくれる今でもありましょう。

今年の元旦に撮ったものを今更ではありますが...。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2017-01-28 20:03 | Film | Comments(4)

Can't You See..?

この三日間ほど続けて、氷が張っているのを見ました。
今やここいらでは雪が舞うのと同じくらいに珍しくなってしまった光景ですが、如何にもショボいんですね。
各地での豪雪の報に、また今年も除け者にされたような気分を味わいながら周囲に目を見遣れば、光と影にはもう春の気配が確としてあることに、また打ち拉がれるのです。
思えば、今度の日曜は旧正月、いよいよ待ったなしですね。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2017-01-25 20:42 | Film | Comments(2)

大晦日に...

穏やかな年末をお過ごしのことと存じます。
私は...バタバタして、結局ギリギリになってしまいました。
ここを始めて10周年の今年、低調ながらもまた最後の日を迎えることができました。
ひとえに皆様方のお蔭と感謝しております。

どうか、佳きお年をお迎えいただきますようお祈り申し上げます。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-12-31 15:51 | Film | Comments(4)

フィルムを月に一本使うの会「今月のイチマイ=11 '16」一席 & 「冬の温もり:=12 '16」

前回のテーマ「駅」、第一席は高橋ゆうじさんのこちらの作品です。
自作によるパノラマ撮影にアイデアと新鮮味を感じる一方で、黎明期の写真を想わせるようなプリミティブな力強さも湛えていると思います。
おめでとうございます。

併せて、このところ恒例化している今月のお題提出もさせていただきたく...。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2016-12-29 22:20 | Film | Comments(0)

紅百態

愛する櫨の樹々もこの一週間でかなり葉が疎らになり、寂しくなりました。
尤も、これとて樹によってかなり差異があることにつくづく気付かされます。
様々な色彩の中で、私が最も好きなのが濃いめで、臙脂といっていい紅です。
ただ残念ながら今年はあまりお目にかかれなかったようで...。
これが紅葉で最も色の濃い部類かと思いきや、まだまだ紫や茶に近い色もあるのですから...
...いや、今年もお世話になりました。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-12-10 23:33 | Film | Comments(2)

秋風に猛省

私の保有するデジタルカメラは、最早フィルムカメラのポートレート撮影専用と成り下がって久しいわけですが...いや、とうとうやってしまいました。
この数カ月で新たな宝物として加わった数台のカメラを、ここでのお披露目用に撮ろうと、久しぶりに天井近くに置いた箱の中から<PENTAX KS-1>を取り出した私。
少し積もった埃を払いつつ、心地よい秋風が入り込む窓際のテーブル前で三脚に固定して電源を入れます。
ダストリムーバルの振動とともに背面液晶が点灯...ところが同時に、
「えっ、あ!」
なんとそこには「バッテリー切れ」のアラートが表示されたのであります。
そもそも充電したのは一体どれくらい前だったかすら想い出せません。
ちょうど一年ほど前に弟に貰って以来、結局未だ予備のバッテリーすら用意できていないため、この時点で万事休す。
だからといって、キムタクに代えて仕切り直す気にもなれず、撮影は延期となったのでした。
いや、これは決していい訳できないとても恥ずかしいことと猛省しております。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-11-05 20:18 | Film | Comments(2)

撮るということ

こんなことをよくいう私が写真というものにおける光と影というものを重視しているのは確かです。
ただ、被写体云々よりもまず光と影かと問い詰められれば、素晴らしい被写体が素晴らしい光と影に包まれているに越したことはないとせざるを得ないでしょう。
同様に「撮影を目的にワザワザ何処かへ行くのではなく、身近なところでの魅力的な被写体と状況を見出す」といえば、ある意味聞こえがいいかも知れません。
でも、これを以って「自身の撮影スタイル」とするのは烏滸がましいということを何処かで自覚してもいるわけで...

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2016-10-30 20:56 | Film | Comments(2)

To Load Cameras...

台風の影響でしょう、一昨日あたりから空の具合がどうも不穏です。
朝方は西の空も暗い曇天気味かと思いきや、7時くらいにはちゃんと陽が射してきて...ただ、空にはおかしな雲が常にざわめいている感じ。
今日は夕刻前から強めの風も吹いてきました。
今週あたりは東日本への台風でこっちには関係ないとタカを括っておりましたが、週末から来週にかけてはこっちにやってくるのがありそうです。
少しくらいの強風は厭わないけれど、雨が困るんですねぇ...。
「20度を超えれば同じ」なんていう私も微妙に移ろう季節を感じつつ、今夏に増えた(皆さんがアッと驚くような!?)「秘密兵器」に弾を込めるべく、最終チェックを始めました。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-08-26 20:53 | Film | Comments(0)

DON'T YOU KNOW IT'S GONNA BE ALRIGHT

いや、しかし、一つの案に反対を表したら「それなら代案を示してくれ」なんて切り返すのが珍しくなくなったのは、一体何時からなのでしょう。
そして、今やこんなおかしな切り返しに「ご尤も」と頷く人も少なくないように感じるのです。
意義を唱えた者に代案を求めるというのは、少し前にもハシシタとかいう男が得意とした手口ではありますが、所詮は論点のすり替えにしか過ぎません。
そもそも、勝手にぶち上げた案です。
ただ反対そのものに意義があるのであり、そこに代案がセットされている方がむしろおかしいというべきでしょう。

昨日の選挙の結果は残念ながら案じたとおりとなったようです。
己勝手な改革とか革命とやらのために、必要のない変革を人に迫るペテン師の遣り口は今も昔も。
われらがJohn Lennonが揶揄したのも、もうかれこれ50年も前のことなんですね。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-07-11 20:58 | Film | Comments(0)

不感症

確かに暑さも異常だけれど、それ以上に湿気が堪えているようです。
湿気のない涼しいところでないともう何もする気がせず、心身が拒否反応を示します。
写真を撮るのも...否、自転車で一回りするだけでうんざりしてしまうようでは、外に出る気がそもそも起きませんから。
「でも、そんな大層なモノじゃないんだから、チャチャッと撮れるでしょ」といわれそうですが、公明正大な大義名分が立たぬモノに対するからこそ、色んな力が要るんだということを自分では今更ながらに噛み締めるのであります。
そしてこのまま不感症のようになってしまう怖れを抱かずにはいられません。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-07-03 11:07 | Film | Comments(4)