鞄の中身

タグ:G.Zuiko 4.2cm F1.8 ( 8 ) タグの人気記事

春の雨

ほぼ一週も間が空いてしまいました。
寒いなんていう人が多いけれど、そんなことなど問題にならぬほどに春の気配は漂い、実際に私の心身への影響も出てきております。
あれこれと浮上する機会を窺っているのですが、どうもいけません。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2017-02-14 22:23 | Film | Comments(0)

今年の紅葉...打ち止め?

既に年の瀬の域に今更だとは思いつつ、紅葉をいくつか...。
例年の近隣のみでのズボラ撮影では、目新しいモノや、特筆に値するようなモノを期待する方が悪いとは、自覚しております。
で、美しい葉を幾つか見出してはアップで迫るという常套手段でお茶を濁しているわけです。
ところが今年の紅葉はより不調に終ったようで、それなら、と逆に開き直ってこんなカメラで対してみたのであります。
即ち、さほど近寄れない中で、飾り気のないあるがままの状態をなんとか切り取ってみたわけですね。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-12-27 23:07 | Film | Comments(0)

怨めし雨

雨が多いのは雪が雪になれないからで...とますますの怨み節。

さて、久しぶりに使った<OLYMPUS 35-S>の決定版というべきこのカメラ。
明るいレンズも相まって、安心して使えます。
レンズシャッターは静かでタイムラグもなく、加えてレリーズボタンのフィーリングもいいのでなんともいえぬ軽快感に浸れるのです。
尤も、だからといって、こんな状況ではあまり使いたくない...というか、撮影時は相応に大胆にしてはいても、内心ではかなりビクビク。
家に着いたらあちこちの水滴を見逃さないよう、即刻かつ入念なクリーニングが欠かせません。
各作動に問題ないのを確かめてOK...といきたいところですが、翌朝再確認して、ようやくちょっと安堵ができるというものです。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-12-26 22:47 | Film | Comments(2)

サンタクロースの届け物

今更サンタクロースもなければ、クリスマスプレゼントのやり取りもありませんが、まぁ、この日に託けて自身で何かを買う方便とすることはままあります。
今年も、そんなことを...いや、実はもうかなり早めにサンタクロースが届けてくれているのでした。
と私がこんなことをいえば、モノは何かすぐにバレてしまいますね。
で、この連休にはそれらの整備をしておりました。
年内にはお披露目できるか...実にささやかなものでもあり相応に落ち着いているつもりで、初の体験に時折心がフワフワするのは禁じ得ないようです。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-12-25 22:34 | Film | Comments(2)

綻びの連鎖

前回は月例テーマ写真のお題について、少し間口を広げるような提案をさせていただいたところです。
会長からも告知いただき、多くの方にご覧いただいたようです。
改めてお礼申し上げます。

さて、かの提案は、決して訪れて欲しくないけれど、しかし覚悟はしておかねばならないという切実な想いから自ずと生まれたものでした。
即ち「感度100のフィルムがなくなったら自分はどうするか?」です。
そもそもの自身がより希望するのは「100よりも低感度のフィルム」であり、適わないからこそ選んで主流としてきた感度100ともいえます。
いわば「これ以上は譲れない」としていたラインがまた引き上げられるのは、もう受け入れ難いものなのです。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2014-07-18 20:28 | Film | Comments(2)

感度を上げれば済む話

愛用のOM用<Zuiko40mm F2>はシステムきっての小型軽量レンズです。
しかし、F2の明るさを詰め込むために絞りリングがフィルター枠を兼ねた構造になる無理が見られます。
これを念頭に<OLYMPUS 35-S II>に固定された<G.Zuiko42mm>を見ると...。
確かにカメラの構造が違うので単純な比較はできないことは弁えつつも、シャッターまで内蔵されているにも関わらず、一回り、否、二回りは小型に出来上がっていることに驚くわけです。
結果、大きさ重さはあまり変わらないのに、この手のカメラがよりコンパクトに感じられる所以となっているのでしょう。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2014-04-26 16:14 | Film | Comments(0)

G.Zuko 4.2cm

焦点距離42mmというのは数値として見れば(語呂も縁起悪し!)些か半端に感じられるかも知れませんが、OLYMPUSはよく使ったようで、この後の<OLYMPUS SP>でもわずかコンマ1明るさをアップさせたレンズが採用されました。
「標準レンズとはフォーマットの対角長」という公式からいえば、私がOMで愛用しているるキリのいい40という数値よりも近似値になります。
また、交換レンズとしての特性は全く異なりますが、昨今のm4/3ユーザーの方なら、オマケズームの長焦点側として馴染み深いものではないかと。
とにかく、1960年前後の同種のカメラにはごく一般的に40〜45mm程度のレンズが付いておりました。
1970年代以降、より自動化が進んだこれらのレンズ交換不可のレンズシャッター機は、35mm程度のより広角なレンズを装備するようになりました。
ただ今日、「これっきりの一台」として使ってみると、やはり先に述べた公式に則った焦点距離を有するモノの方が扱い易いというのが私感です。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2014-04-25 21:55 | Film | Comments(0)

八重桜

数週間遅れてきた八重桜がしばらく咲き誇っておりましたが、今週末くらいでお終いでしょうか。
かなり派手に散っているように感じるのは、花弁の数がずっと多いせいかもしれません。
とまれ、どうせなら、と先だってご紹介した<OLYMPUS 35-S II>で撮ってみたところです。
本当はもっと違うシーンで使いたいカメラではありました。
85cmの最短撮影距離では、実際にちょっと物足りないケースも多かったものの、相応に楽しめたようです。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2014-04-24 22:46 | Film | Comments(4)