鞄の中身

タグ:A Roll A Month ( 163 ) タグの人気記事

自由:フィルムを月に一本使うの会「今月のイチマイ=01'17」

「自由」とは、本年第一回目のテーマとしてなかなか相応しいものに感じた次第です。
世界のあちこちで、ヒトがこれまでそれなりに築き上げてきたものが脅かされるこのところ、まさに時事的なお題ともいえましょう。
一方で、これを「フリー=なんでもいい」という風に捉えることもできそうですが、これもこれで年頭らしいお題かも知れません。
いずれにしろ、テーマ自体が大きいので、すんなりとは行かないと覚悟はしました。

節分を過ぎた頃、ぶらりと実家へ寄った時のことです。
その途上、ふと右頭上からの視線を感じました。
思しき方向を見遣った途端、春光に照らされた窓ガラスの反射がまともに眼に入りました。
一瞬目眩しに遭った眼を、なんとか凝らして再び見直すと...


Go ahead, please...
by yy2828yy | 2017-02-28 22:24 | Film | Comments(2)

フィルムを月に一本使うの会「今月のイチマイ=12 '16」一席 & 「写り込み:=01 '17」

昨年最後のお題となった「冬の温もり」では、ちゃびんさんこちらが、第一席となりました。
おめでとうございます。

実に雰囲気ある一枚で、ほかの力作を大きくリードしての受賞です。
温いのが嫌いな私は、むしろ窓の向こうの外気に気を取られてしまった向きもあるかもしれません。
結局、自分がしないでも多くの人が投票されるだろうという思いもありました。
判断の悪さを自戒しつつ、お祝い申し上げます。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2017-01-29 19:32 | Film | Comments(0)

フィルムを月に一本使うの会「今月のイチマイ=11 '16」一席 & 「冬の温もり:=12 '16」

前回のテーマ「駅」、第一席は高橋ゆうじさんのこちらの作品です。
自作によるパノラマ撮影にアイデアと新鮮味を感じる一方で、黎明期の写真を想わせるようなプリミティブな力強さも湛えていると思います。
おめでとうございます。

併せて、このところ恒例化している今月のお題提出もさせていただきたく...。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2016-12-29 22:20 | Film | Comments(0)

フィルムを月に一本使うの会「今月のイチマイ=10 '16」一席 & 「駅:=11 '16」

先月のテーマ「小さい秋」、一席はこちらしまみゅーらさんの一枚です。
品格があって私の大好きな画なのですが、個人的に楓の紅葉とは「秋そのもの」と捉えているところがあり、小さいというよりも大きく秋を感じてしまうところがあります。
加えて、私がしなくても多くの方が投票されるだろうと、勝手なタカを括った次第です。
こんなことをするから、ややこしい事態を招くことにもなり...恐縮いたします。

おめでとうございます。
もっと沢山落葉するそうなので、そんなシーンも拝見したいと思いました。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2016-11-29 22:33 | Film | Comments(2)

小さい秋:フィルムを月に一本使うの会「今月のイチマイ=10'16」

前回は出品をサボってしまいました。
どうも苦手なタイトルに躊躇っている間に、気付いたら月が変わってしまっていたという体たらく。
今回は相応に対することができそうなタイトルだと思っていたのに、まさに「そうは問屋が卸さない」ですね。
10月に入ってからの蒸し暑さに辟易しながらアレコレのカメラに現を抜かしていると、お決まりの月末になっていたという、私らしい展開であります。

さて、今回のお題、出題者さまもかの詩(歌)を想われてのことではなかったかと。
いわずもがな、詩・サトウハチロー/曲・中田喜直のあまりにも有名な『ちいさい秋』です。
さすがに私も初出をリアルタイムでは聞いたわけではないのですが、すぐにボニージャックスの唄声が頭の中で再生されます。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2016-10-28 21:00 | Film | Comments(4)

フィルムを月に一本使うの会「今月のイチマイ=08 '16」一席

「九月の雨」なんてことばを聞けば、未だに心がキュンとするけれど、実際に三日続けての雨を目の当たりにすれば鬱陶しさしか感じない私であります。

さて、出題者として参加することとなった「フィルムを月に一本使うの会」先月のテーマ「夏夜」。
結果、一席はhampenさんによるこちらに決定しました。
おめでとうございます。
夏の夜といえば、私も花火や夏祭を連想します。
実際、夏祭をダイナミックに撮影されたメンバーの方もいらっしゃったようです。
ただ、出題者の想いは...いや、お解りのように「何気ない日常から」にありました。
その点において、この作はまさにピッタリ。
「夏じゃない他の季節でもあり得るやろ?」
確かに、夏ならではの具体的な対象が写っているわけでもないかもしれません。
それでもある種羨望のようなモノを感じつつ一票を投じた私であります。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-09-22 23:43 | Film | Comments(2)

夏夜:フィルムを月に一本使うの会「今月のイチマイ=08'16」

お盆を含めた夏休みに入っておられる方も少なくないことでしょう。
私も二日間ばかり実家へ行ったりするつもりですが、ただでさえ夏の弛みが出て怠りがちな更新がもっと酷いことになりそうな気がしております。
そんなわけで、先ずはこちらにちょっとしたケジメを付けてから...と思い立った次第です。
で、もう月も中旬に入ったこともあり、今月のテーマ出題にあたっての意図と自らのイメージ提出というカタチにまとめることといたしました。

さて、敢えてこの季の夜を取り上げたのは、清少納言に呼応するつもりではありません。
彼女が風情に感じたことの多くは最早今は昔、われわれがおいそれと味わえはしないでしょう。
そして、この季節の短い夜を考える時、遍く明るくなり過ぎたわれわれの夜に改めて気付かされます。
ただ一方で、われわれがごく身近な日常を切り取るという写真の一側面を鑑みれば、「夜のカラス」的な状況が殆どでは、諦めなければならないシーンばかりとなってしまいます。
よって、この四半世紀でも一気に進んだ「当り前に明るい夜」の氾濫は、撮影機会を拡大したとはいえるのです。
この点、夜の撮影が特殊とされたのは、既に今は昔といえましょうか。
確かに昨今のデジタルに較べると、残ったままの制約も多いとは思いますが、みなさんの「ごく日常の夜の一コマ」を奮ってご投稿いただきたく願っております。

それから、フィルムであれデジタルであれ、高感度一辺倒の進化は、私のような後ろ向きの人間にとっては却って不都合しかなく、とりわけ夏の日中における有り余る光量には何時も悩まされるところ...という一つの愚痴を込めさせていただいたことも白状いたします。

今回は出題者でもあり、なるべく早めの提出を心掛けたつもりです。
一応上で述べた御託を示す意味もあります。
ただし、いわずもがなですが、お題とは飽くまでも文字であり、みなさんがそこから引き出すイメージに限定をするつもりは一切ございません。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2016-08-12 15:41 | Film | Comments(4)

フィルムを月に一本使うの会「今月のイチマイ=06 '16」一席 & トライアングル:「=07 '16」

テーマ「浮」の一席は、なんと拙画が選ばれました。
撮影データーに記載された使用フィルム名をご覧になって「あれ?」とお気付きになった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そして「うっかり者がまた間違えてる」とお察しになった方も多かったのかも知れません。
ただ、実のところは記載の通りで...全くもってお恥ずかしい話なのですが、6月のまさに梅雨入りした頃、デスクの奥に落ち込んでいるフィルムケースを発見、当然空と思いきや中にはなんと未使用の<Kodak GOLD100>が入っていたのです。
想い起こせば、このフィルムがなくなると大騒ぎし、この会のお題にさせていただいたのは、かれこれ2年前のことでした。
その後、大量に買い込んだストックを期限切れ以降もダラダラとしばらくは使っていたものの、最後の1本を使い切ってからはもう1年半は経っています。
即ち、見つけたモノは多湿と高温という劣悪な環境で1年余りも放置されていたことになるわけです。
自ずと色んな良くない結果が予想されましたが、懐かしさが先に立ち<OM-1>に装填、ただし「ダメ元で始末する」という感じで慌てて使い切ったのですが...
...案の定、現像から上ったフィルムは総じて濃度が薄く、明かに感度低下と質の劣化による影響が看て取れました。
凡そ1段から2段...ネガカラーとはいえ少し厳しい状態です。
このたびお選びいただいたのは、まさしくそんな中の一コマで、だからこそ嬉しさも一入なんだと思います。
それもこれも、些か見難い画をじっくりとご覧いただいた方々のお蔭...改めてお礼申し上げる次第です。

ところで、みなさんはアメンボが水に浮くワケをご存知ですか?
理由は先ず、体重がとても軽いこと。
そして脚の先がナノレベルの細い毛に覆われており、そこから水をはじく油が分泌されているので、水面のいわゆる表面張力を利用できるというわけです。
アメンボ君なくしてはあり得なかった今回の一席を機に、再び彼らに対峙、今回はその秘密を撮ってみましたので、ご笑覧いただければ幸いです(右手前の円い影が脚先のものです)。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2016-07-31 19:44 | Film | Comments(8)

フィルムを月に一本使うの会「今月のイチマイ=05 '16」一席 & 浮:「今月のイチマイ=06 '16」

テーマ「カメラ」の一席は、こちら
常連、りんのすけさんの一枚です。
よく見れば「カメラとちゃうやん!」なんですが、それをいうのは無粋です。
ちゃーんとシャレにもなっていますからね。
おめでとうございます。

さて、今回のお題はというと...

で、今月のお題は...
by yy2828yy | 2016-06-29 20:14 | Film | Comments(2)

フィルムを月に一本使うの会「今月のイチマイ=04 '16」一席 & カメラ:「今月のイチマイ=05 '16」

テーマ「サークル」の第一席は、お二方に。
かたや、d-hampenさんのこちらの作品
なんともトンチの効いた一作で、いやぁ、やられました。
かたや、ホリウチ ダイさんのこちらの作品
私も好きな題材ですが、スパッと外連味なく、シャープに捉えておられます。
おめでとうございます。

で、今月のお題...こんな具合に一つにまとめてしまうやり方が定着しつつありますが、どうかご容赦ください。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2016-05-31 22:40 | Film | Comments(4)