鞄の中身

タグ:気分 ( 1027 ) タグの人気記事

昼下りの気絶

相変わらず心身の具合が優れず、ぐずぐずしております。
例年のことながら、この怠さは春眠ということにも関わってくるようです。
といって、朝寝坊になるとか、睡眠時間が長くなるということではありません。
いわば、睡眠前後の自身の在り方というか、逆にいえば自身が睡眠というものを御しきれていないとするべきでしょうか。
要するに睡眠への陥り方とそこからの醒め方が良くないのです。

例えば、休日の昼寝。
日々の睡眠時間が4時間程度の私にとって、この習慣はかなり重要なものですが、しかし、託児所のお昼寝のように時間割に組み込まれたものでもありません。
本を読んでいて眠気を感じたら眠るといった摂り方ながら、大まかな時間は決まっているという感じでしょう。
今の時期、こういった昼寝の在り方には変わりないながらも、睡眠に至る意識がないまま、気が付いたら眠っていたという風なのが問題なのです。
まるで気絶をしたように眠りに落ちているといえばいいかも知れません。
たかが眠りへの陥り方じゃないか、とおっしゃる向きもあるかもしれませんが、私の場合、この帰結(と思しき状態)が看過できないのです。
即ち、ふと昼寝から覚めた時の私には、昼夜の別や自身が何処で寝ているのかが分からない--まるで酔っ払って眠りこみ、目覚めた時のような--一瞬が訪れます。
状況をようやく認識した私ですが、このまま再び眼を瞑れば、眠りに陥るのはほぼ間違いないでしょう。
それでも、目覚めた時の自身の前後不覚に対して興った慄きを優先させてノロノロと起き上がる私に、却って増した懈怠と疲労がのしかかるようです。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2017-03-26 22:34 | Film | Comments(0)

ええ加減でもええやん...

前回はお付き合いいただきありがとうございました。
改めていえば、お披露目したのは<G. Zuiko F.C. 1: 1.8 f= 4.2cm>とレンズ前枠銘板に確と刻印がありながら、鏡胴絞りリングの目盛のスタートはF2からという、実に不可解な仕様の<OLYMPUS 35-S>。

この機種のルーツは1955年に遡ります。
メーカーが乱立したほどの戦後期の二眼レフブームは既に翳りが出て、業界も大衆向けカメラの生産を35mm判のレンズシャッター式レンジファインダー機に移行していた時代です。
OLYMPUSも1948年の投入以来改良を重ねてきた<OLYMPUS35>の高級路線として、<OLYMPUS35-S>を用意、それぞれ<D.Zuiko4.5cmF3.5>付、<E.Zuiko4.8cmF2.8>付、<G.Zuiko4.5cmF1.9(1956年)>付の3機種展開としたのでした。
因みに価格は23,800〜34,000円(ケース1,080円を含む)だったとのこと。
これを現物価に換算してみたところ、なんと45〜65万円!
あまり意味はないにしても、それを実際には2,000円程度で入手していると思えば悪い気はしない...むしろ、なんだか悪いことをしているような...
一方で、想いをケースにも及ばせれば、やっぱり相応に大事にしなければ申し訳ないような気になりますね。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2017-03-19 21:13 | Film | Comments(4)

安もんは...

出掛けようとした時に、なんと、自転車の後輪がパンクしているのに気付きました。
前回の話とは違い、他者の故意によるものではないのは明らかで、恐らくは昨夕に乗った際に何らかのダメージを受け、気付かぬままに帰還、空気はその後徐々に抜けていったものと考えられます。
些かの予定変更は余儀なくされましたが、ともかく、夕刻、近所の自転車屋さんを訪れたのでした。

この自転車屋さんには、かれこれ5、6年前から「主治医」になっていただいております。
それまでお世話になっていたお店が閉店して、ほとほと困り果てていたまさにその頃、救世主のように開店されて以来のお付合いです。
長身痩躯のご主人は腕も確かで、何時も親身に適切な処置をしてくださるのがありがたいのですが、時折こっちが涙目になりそうなことをズケズケと仰る、少しヘンコなところがあって...

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2017-02-27 23:33 | Film | Comments(4)

「触るな!」オーラ

先だって、実にスリリングなシーンを見せていただきました。
かなり大きな駐輪場、しかし駐輪が全く見受けられない中、たった一台、まださほど古くもなさそうなマウンテンバイクらしき自転車が見事に横転しているイメージです。
拝見してからモタモタしていたせいで、コメントを残すタイミングを逸してしまいましたが、<Nikon ピカイチ>による作画は心にしっかりと刻み込まれました。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2017-02-26 20:20 | Film | Comments(2)

フィルム歌舞伎

鈴木清順氏の訃報に、昨夜はDVDで『陽炎座』を観て一人「偲ぶ会」を気取っておりました。
一般的には「天寿を全う」ともいうべくご年齢であったかも知れませんが、自身がいろんなポイントとしている人が亡くなるというのは、なかなか堪えるものです。
いや、自身がまさにこんな経験を多くする年齢にあるというべきなのでしょうけれど...。
<MINOLTA CLE>のカタログ、置いておけば良かったなぁ。

謹んで哀悼の意を表します。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2017-02-24 20:24 | Film | Comments(0)

ポロッ

不養生による歯科医通い決定についてお話ししたところ、あちこちから反応をいただいたのですが、歯になんらかの問題を抱えておられる、いわば「同病相憐む」といったものが多かったことに、思わず苦笑いしてしまいました。
で、お恥ずかしながら、今回も虫歯ネタが続きます...。
今朝方のこと、マグカップの中ですっかり冷めてしまっているハーブティーを口に含んだ時、何かがポロッと舌の上に転がった気がしました。
「あ」
凡その見当は付きましたが、案の定、土曜日に仮で入れて貰った歯の詰め物があっさりと取れてしまっていたのです。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2017-02-20 22:52 | Film | Comments(0)

歯と歯車

歯の相なんていうと占いになるのだろうけど、いわゆる歯の性質(タチ)がいいとは、よく歯医者さんにいわれることです。
この歳になるまで総て自分の歯で生きてこられたのはこのお蔭でしょう。
ただ、それに甘えているから虫歯になっても長い間放置したり、詰め物が取れても放っておいて、今回のようなことにならなければ歯科の門を叩かないのでしょう。
一口に虫歯とはいえ、欠けた部分はもう二度と元には戻らないことに、この度改めて感じ入った次第です。
このように、知らぬ間に体力も知力も衰えていっていることにハッとすることが近頃多いのは、歳のせいばかりではなく、労わるように旧いカメラを使っていることも大きく作用しているように思います。
なんていうと、如何にも人らしいことをいっているようですが、逆にいえば、人よりも大事にしているモノに教わるまでは解せないということにもなりそうで...

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2017-02-19 16:47 | Film | Comments(6)

やっぱり運が...

春の到来を喜ぶ声をあちこちで耳にする中、私の低調はどんどん進んでいるようです。
昨夜のことです。
新今宮で伯父と会い、しこたま飲んだ後の帰路、俄かに奥歯に違和感を覚えました。
徐にガムを取り出し、噛んでみると...飛び上がるような痛みで一気に酔いも醒めたくらいです。
ただこの降って湧いたような痛みが、決して身に覚えのないモノではないことはハッキリと自覚してもいました。
帰宅後、早速鏡で確かめてみると...案の定、歯の一部がグラついています。
かれこれ10年も前に治療した箇所のカブセが取れたまま一年ほど放置していた不養生による自業自得であることは明白でした。
思わずペンチで引っこ抜いてやろうかという短気をなんとか抑え、今朝になってから渋々近所の歯医者さんを訪ねたのであります。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2017-02-18 21:22 | Film | Comments(2)

春の雨

ほぼ一週も間が空いてしまいました。
寒いなんていう人が多いけれど、そんなことなど問題にならぬほどに春の気配は漂い、実際に私の心身への影響も出てきております。
あれこれと浮上する機会を窺っているのですが、どうもいけません。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2017-02-14 22:23 | Film | Comments(0)

節分の夜に...

ささやかな望みも虚しく、明日から春。
そしてこれを喜ぶ人たちを逆恨みしたくなる日々が始まるのでしょうか。
こんな動揺を抑えるように、歳の数の豆を啄ばみながら、あれやこれやとカメラを引っ張り出しては磨いたり、空シャッターを切ったり...で、調子に乗ってフィルム装填済みのカメラにも同じことをやって苦笑い。
ふと、いくら豆が好きでも、やっぱり80歳とかになってしまってはさすがに食べきれなくなるんじゃないかしらんと要らぬ心配をするわけです。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2017-02-03 22:03 | Film | Comments(6)