鞄の中身

節分の夜に...

ささやかな望みも虚しく、明日から春。
そしてこれを喜ぶ人たちを逆恨みしたくなる日々が始まるのでしょうか。
こんな動揺を抑えるように、歳の数の豆を啄ばみながら、あれやこれやとカメラを引っ張り出しては磨いたり、空シャッターを切ったり...で、調子に乗ってフィルム装填済みのカメラにも同じことをやって苦笑い。
ふと、いくら豆が好きでも、やっぱり80歳とかになってしまってはさすがに食べきれなくなるんじゃないかしらんと要らぬ心配をするわけです。

イメージだけですが...
# by yy2828yy | 2017-02-03 22:03 | Film | Comments(6)

晦日

とうとう一月最後の日。
例年以上にそそくさと過ぎ去った気がするのを不思議に思いながらも、やたら寂しさが募ります。
しんみりしてしまう気分を振り払うように、「旧正月から節分までの間は最も雪の降る確率が高い時期なんだ」と自身にいい聞かせたりする今宵です。

イメージだけですが...
# by yy2828yy | 2017-01-31 21:46 | Film | Comments(2)

フィルムを月に一本使うの会「今月のイチマイ=12 '16」一席 & 「写り込み:=01 '17」

昨年最後のお題となった「冬の温もり」では、ちゃびんさんこちらが、第一席となりました。
おめでとうございます。

実に雰囲気ある一枚で、ほかの力作を大きくリードしての受賞です。
温いのが嫌いな私は、むしろ窓の向こうの外気に気を取られてしまった向きもあるかもしれません。
結局、自分がしないでも多くの人が投票されるだろうという思いもありました。
判断の悪さを自戒しつつ、お祝い申し上げます。

Go ahead, please...
# by yy2828yy | 2017-01-29 19:32 | Film | Comments(0)

新年快楽!

旧正月。
神戸でもいわゆる中華街を中心に「春節祭」が始まっています。
日本では全ての行事までをカレンダーに合わせてシフトさせてしまっていてさほど話題になることもないようですが、「新春」というからにはもうちょっと大事にしてもいいんじゃないかと私的には思うのです。
「カウントダウン」なんていって騒ぐのは、それこそカレンダーの一月一日に任せて、正月気分はその後しばらくしてからにすればいいのに...なんていえば、怠け者の戯論といわれるでしょうか。
でも、やっぱり前回のことも合わせて考えるに、暦を名残だけにしない、否、むしろおかしな違和感を抱かないようにするには、より良いように考える次第です。
カレンダーの調整なんてのは、それこそコンピューターがやってくれる今でもありましょう。

今年の元旦に撮ったものを今更ではありますが...。

イメージだけですが...
# by yy2828yy | 2017-01-28 20:03 | Film | Comments(4)

Can't You See..?

この三日間ほど続けて、氷が張っているのを見ました。
今やここいらでは雪が舞うのと同じくらいに珍しくなってしまった光景ですが、如何にもショボいんですね。
各地での豪雪の報に、また今年も除け者にされたような気分を味わいながら周囲に目を見遣れば、光と影にはもう春の気配が確としてあることに、また打ち拉がれるのです。
思えば、今度の日曜は旧正月、いよいよ待ったなしですね。

イメージだけですが...
# by yy2828yy | 2017-01-25 20:42 | Film | Comments(2)

やっぱり嬉しい...

「OMがあるからこそ、要らないカメラ」
でも、たとえカメラそのものには何の魅力も感じないとしても、OLYMPUSシンパとしては、やはり気になる...私にとっての<OLYMPUS FTL>はまさしくそんなカメラでした。
特にここ三年ほどの間、それとなく、しかしずっと機会を窺ってはいたつもりです。
ただそれでも、<ST801>がやってくることがなければ、私は相変わらず行動を起こさずに済ませていたことでしょう。
だからこそというべきでしょうか、こうやって手許にやってきたのが何故か無性に嬉しいのです。

Go ahead, please...
# by yy2828yy | 2017-01-21 22:15 | Film | Comments(6)

大きい5mm、もっと大きい5cm

現状、<ST801>の標準レンズとして手許にある<EBC FUJINON 55mmF1.8>。
この時代に比較的多く見られる50mmではなく55mmという焦点距離は、なんとも中途半端(単なる勝手な思い込みなのですが)な感じがして、あまり好きにはなれないのです。
50mmに慣れている私は、わずか5mmとはいえ、その差を相応に感じるものでもあります。
ところが、被写体に最大限に近寄る時、この差が「意外なおまけ」として作用することも少なくありません。
それは、このレンズの最短撮影距離は45cmで、即ち一般的な50mmと同じだからです。
つまり、僅かながらも撮影倍率の点で有利だということになるわけですね。

Go ahead, please...
# by yy2828yy | 2017-01-20 22:51 | Film | Comments(4)