鞄の中身

<   2016年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

大晦日に...

穏やかな年末をお過ごしのことと存じます。
私は...バタバタして、結局ギリギリになってしまいました。
ここを始めて10周年の今年、低調ながらもまた最後の日を迎えることができました。
ひとえに皆様方のお蔭と感謝しております。

どうか、佳きお年をお迎えいただきますようお祈り申し上げます。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-12-31 15:51 | Film | Comments(4)

エース、初登板!

またしても不承不承ながらも「殖える速度に追いつかない」事実を(ある程度は)認めなければならないでしょう。
なんせ、これから、早くも丸一年となるのですから。
尤も、この時点ではまだ専用フードが入手できていないという理由があるにはありました。
もちろん私の性分ですから、すぐ手に入れずにはいられないのですが、おいそれとは見付からず、捜索はその後約半年を有することとなったのです。
かくして少々草臥れた外装ながらも念願のフードが揃ったのは今年の初夏のことでした。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2016-12-30 11:43 | Film | Comments(4)

フィルムを月に一本使うの会「今月のイチマイ=11 '16」一席 & 「冬の温もり:=12 '16」

前回のテーマ「駅」、第一席は高橋ゆうじさんのこちらの作品です。
自作によるパノラマ撮影にアイデアと新鮮味を感じる一方で、黎明期の写真を想わせるようなプリミティブな力強さも湛えていると思います。
おめでとうございます。

併せて、このところ恒例化している今月のお題提出もさせていただきたく...。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2016-12-29 22:20 | Film | Comments(0)

今年の紅葉...打ち止め?

既に年の瀬の域に今更だとは思いつつ、紅葉をいくつか...。
例年の近隣のみでのズボラ撮影では、目新しいモノや、特筆に値するようなモノを期待する方が悪いとは、自覚しております。
で、美しい葉を幾つか見出してはアップで迫るという常套手段でお茶を濁しているわけです。
ところが今年の紅葉はより不調に終ったようで、それなら、と逆に開き直ってこんなカメラで対してみたのであります。
即ち、さほど近寄れない中で、飾り気のないあるがままの状態をなんとか切り取ってみたわけですね。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-12-27 23:07 | Film | Comments(0)

怨めし雨

雨が多いのは雪が雪になれないからで...とますますの怨み節。

さて、久しぶりに使った<OLYMPUS 35-S>の決定版というべきこのカメラ。
明るいレンズも相まって、安心して使えます。
レンズシャッターは静かでタイムラグもなく、加えてレリーズボタンのフィーリングもいいのでなんともいえぬ軽快感に浸れるのです。
尤も、だからといって、こんな状況ではあまり使いたくない...というか、撮影時は相応に大胆にしてはいても、内心ではかなりビクビク。
家に着いたらあちこちの水滴を見逃さないよう、即刻かつ入念なクリーニングが欠かせません。
各作動に問題ないのを確かめてOK...といきたいところですが、翌朝再確認して、ようやくちょっと安堵ができるというものです。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-12-26 22:47 | Film | Comments(2)

サンタクロースの届け物

今更サンタクロースもなければ、クリスマスプレゼントのやり取りもありませんが、まぁ、この日に託けて自身で何かを買う方便とすることはままあります。
今年も、そんなことを...いや、実はもうかなり早めにサンタクロースが届けてくれているのでした。
と私がこんなことをいえば、モノは何かすぐにバレてしまいますね。
で、この連休にはそれらの整備をしておりました。
年内にはお披露目できるか...実にささやかなものでもあり相応に落ち着いているつもりで、初の体験に時折心がフワフワするのは禁じ得ないようです。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-12-25 22:34 | Film | Comments(2)

先ずは冬探し

生れてから凡そ半世紀もの間、ホワイトクリスマスなるモノに恵まれたことがありません。
積雪はおろか、雪にカスリもしたことがないのですから。
もちろん、そういう地域にこちらから出向けば経験できるとはいうものの、もともとクリスマスと元旦は自分の街で迎えないことには意味がないとしている私です。
おそらくは未経験のまま最期を迎えることになるのだろうと半ば諦めてはおります。
尤も、このところの異様な気象を経験させられては、せめては冬らしい雰囲気を...なんて低い理想を掲げるしかないのでしょう。
こんな私にとって、些か面白くない今月のお題はまさに悩みの種。
文句を垂れながらも、頭の片隅に掲げつつ、先ずは冬を探しては彷徨うのであります。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-12-24 13:10 | Film | Comments(0)

わがプレミアムな日々に...

すっかり間が空いてしまいました。
この間、更新はおろか、コメントにもお返ししなかったご無礼、平にご容赦を賜りたく...
まぁ、サボりといえばサボりだったのですけれど、他に理由がなかったわけでもありません。
一つは、『Nカメラ店』の現像及びプリントの機器入れ替えで一週間あまりがかかったため、その間ずっと現像待ち状態になってしまったこと。
これについては、またお話しする機会もあろうかと思いますが、晴れて昨日あたりから始動しているといったところです。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2016-12-23 01:49 | Film | Comments(2)

紅百態

愛する櫨の樹々もこの一週間でかなり葉が疎らになり、寂しくなりました。
尤も、これとて樹によってかなり差異があることにつくづく気付かされます。
様々な色彩の中で、私が最も好きなのが濃いめで、臙脂といっていい紅です。
ただ残念ながら今年はあまりお目にかかれなかったようで...。
これが紅葉で最も色の濃い部類かと思いきや、まだまだ紫や茶に近い色もあるのですから...
...いや、今年もお世話になりました。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-12-10 23:33 | Film | Comments(2)

南下

毎年の楓スポットには樹が4本。
それぞれ間隔10mほどで南北に植わっています。
うち、一番北側の1本が最初の紅葉を迎え、以降順に南下していくのが例年のパターンです。
もちろん、複数の紅葉時期が重なることもありますが、「絵になる」状態にあるのはせいぜい同時に2本までという感じでしょうか。
今年もおそらくは同様に推移することと思われます。
先週末時点では、色合があまり良くないながらも最北の1本がほぼ盛り、一つ南の1本がチラホラという感じでした。
さほど好ましい状態ではないながらも、少し気分を変えようと、紅葉撮りでは初めてとなるこのレンズを持ち出してみた次第です。
もともと地味な発色のレンズとの印象を持っているのですが、薄曇りという状況下での存外な鮮やかさに少し驚いております。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-12-08 22:44 | Film | Comments(2)