鞄の中身

<   2016年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

わが二ヶ月

明日から12月というだけで、心昂る自身を抑えられません。
そして、つくづく思うのです...今年もようがんばったなぁ、と。
いや、別段何を為したという意味でも、また、一年最後の月に際してのつぶやきでもなく、ただ、私はカレンダー上で冬としての区切を迎えることに心ときめかしているのであります。
前回のこの時期からいくつかの鬱陶しい時期を潜り抜け、またここに到達できたと。
最高の二ヶ月余りが明日から始まるわけです。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-11-30 22:29 | Film | Comments(4)

フィルムを月に一本使うの会「今月のイチマイ=10 '16」一席 & 「駅:=11 '16」

先月のテーマ「小さい秋」、一席はこちらしまみゅーらさんの一枚です。
品格があって私の大好きな画なのですが、個人的に楓の紅葉とは「秋そのもの」と捉えているところがあり、小さいというよりも大きく秋を感じてしまうところがあります。
加えて、私がしなくても多くの方が投票されるだろうと、勝手なタカを括った次第です。
こんなことをするから、ややこしい事態を招くことにもなり...恐縮いたします。

おめでとうございます。
もっと沢山落葉するそうなので、そんなシーンも拝見したいと思いました。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2016-11-29 22:33 | Film | Comments(2)

侵蝕

カレンダー上では、今週中にはもう秋が終わってしまうことになりますが、少なからぬ人々が秋の短さを指摘するようになって久しいのではないでしょうか。
かくいう私もその一人です。
様々な「〇〇の秋」という表現について論うまでもなく、心身にとって最も好ましい季節だからこそ、その気配について人は敏感なのでしょう。
自他共に認める冬好きの私も、確固たる秋を感じられれば「冬以外は要らない」なんて極端な言葉を口にすることもないはずで...。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2016-11-27 19:50 | Film | Comments(0)

巡視する深秋

いつまでもぐずぐずしている間に一日が終り...こんな感じで更新が滞ってしまいました。
逼迫感があまりなく、ついズルズルとという感じです。
一方で撮影は相応にしており、ハゼや楓にも幾度か対しました。
まだ盛りには少し間があり、調査段階というレベルでも、時間を見付けては推移をパトロールというのもなかなか愉しいことではあります。
数台に分散していることもあって、お披露目は少し先になるでしょうが、少しは変ったアプローチができればいいですね。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-11-26 22:27 | Film | Comments(4)

残り40日...

まだまだ生温い空気ながら、「今年もあと40日」などというのを耳にすると心が踊ります。
明けた日、暮れる日を想いながら心持ち涼やかな中を自転車で走るのが何とも心地いいこの頃です。

最近、あちこちで駐輪場の整備や新設がよく見られますが、三宮・北野坂にできたこれはなかなかいいなぁ、と。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-11-22 23:00 | Film | Comments(4)

煮え切らぬ休日

悪いことに予報は当り、この二日間の休日は悪天候で終始し、あれこれと用事では出かけたものの概ね低調でした。
雨や曇天のせいにするつもりはないけれど、結果としてはリハビリには些か厳しい状況だったとせねばなりません。
代りにモミジの様子を見回ったりしましたが、もう少し先まで待たねばならないようです。
基本はOMで...先の<PEN-D2>も潜ませて行ったけれど、いや、小さいけれどシッカリしたボディに、結構鞄は重くなっておりました。
いや、しかし、こうやって幾分無理をしたところで、持ち歩けるカメラの台数などたかが知れています。
だから余計に、家に置いているあれやこれやに想いが飛び、気も急くわけです。
全く、凡夫とは己の目前に集中せず、届かぬ余所事に気を散らしては、時間や機会を無駄にしてしまうものであります。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-11-20 19:35 | Film | Comments(4)

その心は...?

ちょうど一週間...即ち、指を痛めてからです。
少し腫れが残り、まだ完全には曲がらないような状態ですが、日常生活はほぼ問題なく送れております。
先週末は痛み以上に気分が下がってしまい、せっかくの休日なのにワンカットも撮れませんでした。
ところが、あれだけ行くのを躊躇っていた医院で骨折していなかったとの結果が得られただけで、現金なもので、以降は些かの不便を感じながらもほぼ毎日のようにシャッターを切っております。
明日にはハゼの様子でも見に行く気になっているくらいですが、なんでも雨降りになるとかならないとか...。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2016-11-18 22:34 | Film | Comments(6)

日々刻々

近頃の朝陽や夕陽の推移はまさに日替わりというほど。
樹々の紅葉の様はこれを反映しているかのようです。
尤も樹々にとっては問答無用で、決して呑気な話ではないのでしょうが。
この状態でほぼ10日前、今日同じ場所に立って大きく変わった様相に眼を瞠りました。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-11-15 20:33 | Film | Comments(2)

不自由でも安穏

まるで自分の指ではないような、見た目は相変わらず酷い有様ですが、少し良くなっているだろうことは、こうやってキーボードに対している時に一番感じるのです。
そう、右手の小指といえば「return」のキーを頻繁にタイプする指であります。
その際の痛みと突っ張る感じが前日よりは楽になってきているからです。
とはいうものの、昨晩のうちに近所の整形外科まで行く肝を据えたので、朝一番に決行しました。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2016-11-14 21:44 | Film | Comments(2)

優柔不断のお手本

前回の「溜息」に対して、多くのお見舞いを賜りましたこと、改めてお礼申し上げます。
ただ、「おかげさまで...」と回復のエントリーとするにはまだまだ程遠い状況です。
湿布による素人療法で様子見をしておりますが、腫れの酷さは少しマシになったものの、全く実用にならない指に不安を感じずにはいられません。
サッサと医者に行けばいいのに、なかなか覚悟を決められない往生際の悪さによる顛末です。
この期に及んでもなお、「医者に行ったからといって、すぐに指が元通りになるわけじゃない」という気持もあります。
根がビビリなので、先ずかなり悪く厳しい状態を想像するものの、そこからどんどん値引きをしていく甘さと弱さ。
でも、何時までも値引き前の状態は消えずに残っているから、心の中では堂々巡りが繰り返されています。
いや、お恥ずかしい、我がことながら困ったものです。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2016-11-13 18:08 | Film | Comments(0)