鞄の中身

カテゴリ:Film( 1645 )

歯と歯車

歯の相なんていうと占いになるのだろうけど、いわゆる歯の性質(タチ)がいいとは、よく歯医者さんにいわれることです。
この歳になるまで総て自分の歯で生きてこられたのはこのお蔭でしょう。
ただ、それに甘えているから虫歯になっても長い間放置したり、詰め物が取れても放っておいて、今回のようなことにならなければ歯科の門を叩かないのでしょう。
一口に虫歯とはいえ、欠けた部分はもう二度と元には戻らないことに、この度改めて感じ入った次第です。
このように、知らぬ間に体力も知力も衰えていっていることにハッとすることが近頃多いのは、歳のせいばかりではなく、労わるように旧いカメラを使っていることも大きく作用しているように思います。
なんていうと、如何にも人らしいことをいっているようですが、逆にいえば、人よりも大事にしているモノに教わるまでは解せないということにもなりそうで...

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2017-02-19 16:47 | Film | Comments(3)

やっぱり運が...

春の到来を喜ぶ声をあちこちで耳にする中、私の低調はどんどん進んでいるようです。
昨夜のことです。
新今宮で伯父と会い、しこたま飲んだ後の帰路、俄かに奥歯に違和感を覚えました。
徐にガムを取り出し、噛んでみると...飛び上がるような痛みで一気に酔いも醒めたくらいです。
ただこの降って湧いたような痛みが、決して身に覚えのないモノではないことはハッキリと自覚してもいました。
帰宅後、早速鏡で確かめてみると...案の定、歯の一部がグラついています。
かれこれ10年も前に治療した箇所のカブセが取れたまま一年ほど放置していた不養生による自業自得であることは明白でした。
思わずペンチで引っこ抜いてやろうかという短気をなんとか抑え、今朝になってから渋々近所の歯医者さんを訪ねたのであります。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2017-02-18 21:22 | Film | Comments(2)

軽減

これだけカメラが増えると、最早出番は年に一度すら危うい、否、年に一度もないモノの方が多い状態となってしまいました。
気持としては使いたくても、わが身は一つという如何ともし難い現実。
そんな中、ようやく出番が回ってきたというべく一台にたまにフィルムを入れたら、思いの他に撮影が進み、撮り終えたら続けて新たな一本を装填してしまったりするのです。
ところが、今度は打って変わったように進みが悪くなり、結局フィルムが入ったまま半年ほどが過ぎる...なんてことが得てして起こります。
かくなる事態を少しでも緩和すべく、少し前から24枚撮フィルム導入を決めました。
いや、もちろん主力はこれまで通り36枚撮ですが、これまでのスタイルを固守するのは止めざるを得ないな、と。

何を隠そう、数日前に撮り終った愛機<XA>のフィルムも昨年の11月からの持ち越しで...正直、こういうカメラは24枚撮にする方が何より気持が軽くなるように思うのであります。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2017-02-16 23:40 | Film | Comments(4)

春の雨

ほぼ一週も間が空いてしまいました。
寒いなんていう人が多いけれど、そんなことなど問題にならぬほどに春の気配は漂い、実際に私の心身への影響も出てきております。
あれこれと浮上する機会を窺っているのですが、どうもいけません。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2017-02-14 22:23 | Film | Comments(0)

礼節

先月、ほんのお情け程度に雪が舞った日の朝のことです。
わがマンションの敷地にある山茶花にもわずかな雪の痕跡が認められました。
さほど「絵になる」わけでもないなりに、とにかく記念とすべく、標準マクロ付<OM-2N>を取り出して...
「カシッ」
レリーズボタンを押した途端、いきなり肩透かしを喰らったような感触にしばしフリーズしてしまった私。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2017-02-07 21:58 | Film | Comments(6)

節分の夜に...

ささやかな望みも虚しく、明日から春。
そしてこれを喜ぶ人たちを逆恨みしたくなる日々が始まるのでしょうか。
こんな動揺を抑えるように、歳の数の豆を啄ばみながら、あれやこれやとカメラを引っ張り出しては磨いたり、空シャッターを切ったり...で、調子に乗ってフィルム装填済みのカメラにも同じことをやって苦笑い。
ふと、いくら豆が好きでも、やっぱり80歳とかになってしまってはさすがに食べきれなくなるんじゃないかしらんと要らぬ心配をするわけです。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2017-02-03 22:03 | Film | Comments(6)

晦日

とうとう一月最後の日。
例年以上にそそくさと過ぎ去った気がするのを不思議に思いながらも、やたら寂しさが募ります。
しんみりしてしまう気分を振り払うように、「旧正月から節分までの間は最も雪の降る確率が高い時期なんだ」と自身にいい聞かせたりする今宵です。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2017-01-31 21:46 | Film | Comments(2)

フィルムを月に一本使うの会「今月のイチマイ=12 '16」一席 & 「写り込み:=01 '17」

昨年最後のお題となった「冬の温もり」では、ちゃびんさんこちらが、第一席となりました。
おめでとうございます。

実に雰囲気ある一枚で、ほかの力作を大きくリードしての受賞です。
温いのが嫌いな私は、むしろ窓の向こうの外気に気を取られてしまった向きもあるかもしれません。
結局、自分がしないでも多くの人が投票されるだろうという思いもありました。
判断の悪さを自戒しつつ、お祝い申し上げます。

Go ahead, please...
by yy2828yy | 2017-01-29 19:32 | Film | Comments(0)

新年快楽!

旧正月。
神戸でもいわゆる中華街を中心に「春節祭」が始まっています。
日本では全ての行事までをカレンダーに合わせてシフトさせてしまっていてさほど話題になることもないようですが、「新春」というからにはもうちょっと大事にしてもいいんじゃないかと私的には思うのです。
「カウントダウン」なんていって騒ぐのは、それこそカレンダーの一月一日に任せて、正月気分はその後しばらくしてからにすればいいのに...なんていえば、怠け者の戯論といわれるでしょうか。
でも、やっぱり前回のことも合わせて考えるに、暦を名残だけにしない、否、むしろおかしな違和感を抱かないようにするには、より良いように考える次第です。
カレンダーの調整なんてのは、それこそコンピューターがやってくれる今でもありましょう。

今年の元旦に撮ったものを今更ではありますが...。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2017-01-28 20:03 | Film | Comments(4)

Can't You See..?

この三日間ほど続けて、氷が張っているのを見ました。
今やここいらでは雪が舞うのと同じくらいに珍しくなってしまった光景ですが、如何にもショボいんですね。
各地での豪雪の報に、また今年も除け者にされたような気分を味わいながら周囲に目を見遣れば、光と影にはもう春の気配が確としてあることに、また打ち拉がれるのです。
思えば、今度の日曜は旧正月、いよいよ待ったなしですね。

イメージだけですが...
by yy2828yy | 2017-01-25 20:42 | Film | Comments(2)