鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

良縁

如何に縁があってわが手許にやってきたとはいえ、登場が半世紀も前のカメラ、しかもこれまでの経緯がよく判らないカメラです。
相応の手順を踏んでテストに臨み、次いでデビューとすべきなのでしょう。
ただ一方で、そうしたところで良くないことが判明したとしても、私にできることなど所詮たかが知れています。
よって全ては結果オーライとするしかないというのが、私とこれらオールドカメラとの付き合い方。
その意味では、この度の<Baldessa 1a>との巡り会いはかなり恵まれたものだったとすべきでしょう。
だからこそ、間を開けずにもう1本といきたいところです。
先ずは問題なく使えるというパスを得た程度とせねばなりませんね。
e0101258_23054352.jpg




e0101258_23161655.jpg
Baldessa 1a/ Color-Baldanar45mm 1:2.8
f5.6 1/500 FUJICOLOR100 記録用
Commented by M2_pict at 2017-09-15 23:06
溢れるエノコログサには、どこかゆったりとした心持ちを感じたりします。

「結果オーライ」「まずは問題ないというパス」正に極意かと思いますが、それだけに重症化しかねない危うさも感じます。
もちろん羨望です。
Commented by yy2828yy at 2017-09-16 20:04
M2さん、
お分かりかとは思いますが、画面外右前方からの強烈な朝日を受け、逆光状態での撮影です。
まともに陽を浴びないようにはしましたが、レンズフードは相応に効果あるようです。
ま、レンジファインダーは、ある意味こういうのも結果オーライとするしかないのですね。
by yy2828yy | 2017-09-14 23:18 | Film | Comments(2)