鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

左右の役割

<Baldessa 1a>の特徴として、先ずは焦点合せに係るピントリングをご紹介しました。
今回はその下部に設けられたレリーズボタンについてのお話です。
多くの一般的なカメラではトップカバー右天部にあるものがピントリング下部というだけで、これまたユニークな位置にあることがお分りかと思います。
構造としてはレンズが取り付けられたボディ前板の同一面にピントリングとレリーズボタンが設けられているのです。
ただ、このように二つの重要な操作部が密接な位置にあるからこそ、撮影の流れがスムーズになるように感じます。
そしてこのスムーズさは右手と左手の役割分担がハッキリしていることに起因すると思うのです。
e0101258_23054352.jpg




一般的カメラを使用する際における左右の手の役割を具体的に示すと、左手側はカメラを下側から保持し、必要に応じて数本の指が焦点合せに使われます。
右手側ではカメラ右側を前後から挟むように保持、レリーズボタンには人差指が添えられます。
ところがこの<Baldessa 1a>では、右手は同じくカメラ右側の保持にも使われつつ、人差指がピントリングとレリーズボタンを往き来することになります。
片や左手側はただカメラ保持に専念するだけでいいのです。
カメラをシッカリと安定して構えるには、保持力の主体を左手に置き、右手は添える程度にするのがいいとされてきました。
結局これは右手でレリーズすることに起因しているのでしょう。
ただ、保持主体とすべき左手にややもするとカメラ操作の最も労力の大きな部分となりがちなピント合せも任せるのは、些かの矛盾を孕んでいるともいえるわけで、その点、<Baldessa 1a>は各操作部がより理想的にレイアウトされたカメラである...なんていうのはあまりにもコジツケが過ぎるでしょうね。
とまれ、こんな具合に左右の手の役割について意識するのは、見た目はどれも似たり寄ったりでも、機種によって各操作部のレイアウトは結構バラバラな二眼レフのせいかという気がしております。
e0101258_23013085.jpg
Baldessa 1a/ Color-Baldanar45mm 1:2.8
f5.6 1/500 FUJICOLOR100 記録用
by yy2828yy | 2017-09-10 23:14 | Film | Comments(0)