鞄の中身 かばん の なかみ : 出かける時は、どうも手ぶらじゃダメ…そんな私の鞄には…?

愉快な痩せ我慢

<ST801>によるサクラです。
例によって、適当な部分を見出しての切り取りですが、年中行事としての愉しみの一つであることも確かです。
ただ、この切り取りを最も満喫できる(と私が信じている)中望遠レンズが未だありません。
ごく一般的だと想われる<EBC FUJINON100mm>は市場でのタマ数も少なく、あってもかなりの高値とあって、未だに手を出せずにいるのです。
尤も、昨年も同様の想いをしながら<XD>を使っていましたから、マウントが増える分だけ中望遠の問題が生じるということになるのでしょう。
そんなわけで、今年も標準及び広角だけで...と諦めかけた頃、あまり好ましくはないながらも、目先を変えるという点では愉しめそうなアイテムがもたらされたのでした。
e0101258_15075968.jpg




e0101258_22332752.jpg
ST801/ EBC Fujinon55mm 1:1.8 w.Kenko 2X TELEPLUS MC4
開放 1/250 FUJICOLOR100 記録用

e0101258_22331627.jpg
ST801/ EBC Fujinon55mm 1:1.8 w.Kenko 2X TELEPLUS MC4
開放 1/250 FUJICOLOR100 記録用

そんな「隠し玉」第一弾は、かつて貧乏人への福音とされたテレコンバーター、しかも汎用のKenko製であります。
結果はご覧の通りで、「所詮...」と思えばそれ相応かも知れません。
でも、最早かつてのような画質優先に拘る必要などないとすれば、テレコンバーターならではの利が味わえる今だと考えました。
F3.5の110mmレンズなんてあまりゾッとはしないけれど、55mmの最短撮影距離のまま被写体に迫れるため、撮影領域は飛躍的に広がります。
また、嵩張らない在り方こそが「いざという時の中望遠的焦点距離」という私の使い方に適っているともいえそうです。
撮影距離によっては「ファインダーを覗いただけで解るボケのザラつき」なんて欠点には目を瞑り、広がったワーキングディスタンスを堪能したのでした。
...と以上、幾分の痩せ我慢が透けて見えるかも知れませんが、こんなことの方に愉快さを覚えてしまう自分も禁じ得ないのですね。
e0101258_22334052.jpg
ST801/ EBC Fujinon55mm 1:1.8 w.Kenko 2X TELEPLUS MC4
開放 1/250 FUJICOLOR100 記録用
by yy2828yy | 2017-04-12 23:10 | Film | Comments(0)