鞄の中身

Can't You See..?

この三日間ほど続けて、氷が張っているのを見ました。
今やここいらでは雪が舞うのと同じくらいに珍しくなってしまった光景ですが、如何にもショボいんですね。
各地での豪雪の報に、また今年も除け者にされたような気分を味わいながら周囲に目を見遣れば、光と影にはもう春の気配が確としてあることに、また打ち拉がれるのです。
思えば、今度の日曜は旧正月、いよいよ待ったなしですね。



e0101258_2041245.jpg
OM-1/ Zuiko40mm 1:2.0
f5.6 Auto FUJICOLOR100 記録用
by yy2828yy | 2017-01-25 20:42 | Film | Comments(2)
Commented by harada at 2017-01-26 01:22 x
 こんばんは。
 そういえば霜柱なんかは絶滅したんでしょうか、小学生だった頃の冬の時季には朝の公園の片隅に土や枯れ葉を押し上げて成長した霜柱をさくさく踏むのが快感でした。
Commented by yy2828yy at 2017-01-28 20:08
haradaさん、
霜の消滅はやはり土の道がなくなったことが大でしょうね。
霜柱とは違いますが、以前、スペインに行った時、葉っぱにうっすら霜が降りているのを見て感動したことがあります。
日本では戦場ヶ原あたりのシーン、一つの憧れです。