鞄の中身

Annual Tryst

<OM40>の後に<OM-2 S/P>が続きました。
ともに私が好まない、いわゆるプログラムAE搭載機ですが、ここは一気に年一度の使用を確定しておこうと思ったのです。
それらを終えて...プログラムAE機はもうありませんが、今年も二ヶ月余りという頃となっては「年に一度」をもう少しやっておきたくもなります。
先ずは<OM40>がらみのフタケタが幾つか挙げられましたが、鈍い機種が続いたせいかスカッとしたい気持でいっぱいになっておりました。

Go ahead, please...
# by yy2828yy | 2014-10-24 19:55 | Film | Trackback | Comments(1)

秋眠

二日ほど間が空いてしまいました。
理由は怠け病とでもいいましょうか。
22時頃いきなり襲われた睡魔に抗えず、転寝...目覚めたら日が変わった1時過ぎ。
そのまま眠らずに朝を迎える...といった状態が続いております。
ま、いってみれば悪循環であり、ごくたまに起こることではあります。
問題はなんだか怠くて相応にある時間にも更新する気が起こらなかったということでしょう。
今夜も同じようなことになったのですが、とまれ、週の後半に入ったこともあり、一念発起。
一眼レフに入っているモノとしては最後となった<Kodak GOLD100>の現像上がりを今しがたまでスキャンしておりました。

Go ahead, please...
# by yy2828yy | 2014-10-23 02:38 | Film | Trackback | Comments(0)

秋の朝、空気感

「空気感が写ればいいなぁ...」とは、撮影の際に思っていることの最たるものです。
特に中望遠レンズを使っている時には必ずといっていいでしょうか。
否、私が望んでいるのは、かつてそういった写真を見たことで、自身の中に出来上がってしまっている一つのイメージを追体験したいだけに過ぎないのかも知れません。

イメージだけですが...
# by yy2828yy | 2014-10-20 22:14 | Film | Trackback | Comments(2)

三態

標準や広角に較べると出番は少な目で、「1本だけ」という時に選択されることもないけれど、決して欠かせない存在の中望遠レンズ。
私にとってその理由は、偏に画面を簡潔化し易いからとなりましょうか。
バックを大きくボカして主題を浮き上がらせながらも、飽くまでもその形状をデフォルメなく素直に再現する...この切り取りとピックアップの感覚は撮影における一つの醍醐味といえます。
即ち、一眼レフのファインダーというものを味わう快感に浸る至福の時であります。

イメージだけですが...
# by yy2828yy | 2014-10-19 00:45 | Film | Trackback | Comments(2)

徒然に...

近頃、街に出る機会があまりありません。
尤も、ここでいう街とは三宮とか元町といった神戸の中心的繁華街の意であります。
また、あまりないということには「昼間に」を加えるべきでしょう。
街に出る頻度そのものにさほど変わりはないものの、時間帯が早朝とか夕刻以降となってしまっているのです。
そのうちの早朝に関していうと、三宮や元町までブラブラ自転車で行き、人気のない商店街を気兼ねなく走る...というパターンになります。
段差や石ころのない路面は快適で、未だ眠っている街の風情も悪くありません。
静かで邪魔する事物も少ないから、時折停車してはノッペラボウにもついついちょっかいを出したくなるというものです。

イメージだけですが...
# by yy2828yy | 2014-10-17 04:21 | Film | Trackback | Comments(4)

台風一過の朝

とにもかくにも夜の間に台風は去りました。
しかし、そんな昨夜にも宅急便が2つも届いたりして、実に申し訳ない気持で受け取ったのでした。
前回、JRの運休について文句を垂れましたが、私がほんとうに理想とするところは、電車が運休しても、はたまた宅急便の配達が休止されても、「台風なんやからしゃあないわ」と済ませてしまえる世間であり、自身であります。
警報発令の有無を問わず、風雨の状況を個々が自己判断し、学校や職場へ行かず家に閉じ篭る選択を当然だとできる世の中なのです。

イメージだけですが...
# by yy2828yy | 2014-10-14 23:28 | Film | Trackback | Comments(4)

不承

只今、かなり強い雨風。
でも窓を開けていても影響はなく、涼しくていい感じです。
泉南の方に再上陸とのことですが、となるとこっちはもうすぐ静かになるでしょう。

いや、しかし、JRがほぼ完全に運休を決めるなんて前代未聞。
「台風警報が発令されれば電鉄は運休する」というルールを拵えるなら、それはそれでいいと私は考えますが、未だその兆しもない頃からの運休決定と発表は、果たして最大の公共交通機関としてどうなのかと思うわけです。
かたや、阪急と阪神は立派に運行しました。
つまり、JRは役目をサッサと放り出し、この2つの私鉄に責任を押し付けたわけです。
無用な駅を拵え、貨物用レールで新快速をぶっ飛ばした上での過密ダイヤ。
それぞれの路線の棲み分けを無視して、今後大きくなることのない乗客のパイを独り占めしようとする...JRがこれまでやってきた浅ましい愚行が9年前の大量殺人を引き起こし、またぞろ今回の無責任と野放図に繋がります。

イメージだけですが...
# by yy2828yy | 2014-10-13 22:03 | Film | Trackback | Comments(2)

< 前のページ

次のページ >