鞄の中身

曲がり角のところで...

一月ほど前のこと、暑い中を歩いていると気になる情景に...。
といって、例によって撮るに足りぬものなのですが、鞄からカメラを取り出したい気持は抑えらませんでした。
その日の相棒は黒塗りの<PEN-F>
鞄から姿を表したその凛とした佇まいに思わず眼を細めつつ、徐に対象をフレームしようとしたその時、人の気配を感じたのです。
さり気なく構えの姿勢を解いて確かめると...年の頃は60くらいでしょうか、背後に初老の紳士の姿が認められます。
そろそろと歩いてきたその人は、チラチラと私の方を見遣りながら、何か言いたげな風に通り過ぎて行きました。

Go ahead, please...
# by yy2828yy | 2014-09-21 00:36 | Film | Trackback | Comments(0)

秋口に

気が付けばもう彼岸花が咲いていたりして、秋に足を踏み入れていることを実感するのですが、まだまだ夏は混じり込んでいるように思います。
朝のそよ風に油断していると、昼間は平気で30度超えてますから。
日照時間の少なかった今年とはいえ、文化の日まではまだまだ気は抜けませんね。

意外にも初めてやりました...<PEN-F>で<ZuikoMacro50mm>。
アダプターをあまり好まぬといいながら、この組合わせにはさほど抵抗感がないのです。
むしろ嬉しいのはファインダー像が数段も明るく見えること。
なんせF4級のレンズでもそうなんですから...。

イメージだけですが...
# by yy2828yy | 2014-09-18 03:09 | Film | Trackback | Comments(8)

三文の得

明け方に光と影を拾って歩く...なんていうとカッコの付け過ぎですが、自身に余裕が出てきたからこそだと思います。
汗をかく心配をしないで済むというのは、なんと贅沢なことなんでしょう。
カメラを弄るのも自ずと嬉しくなるのです。


イメージだけですが...
# by yy2828yy | 2014-09-15 22:43 | Film | Trackback | Comments(0)

一足お先に...

先だって、シラッとお見せした<ZuikoZoom65-200mm>での撮影結果は、OMではなく<PEN-F>に取り付けてのモノでありました。
ま、ズーム嫌いの私にとっては、ちょっとした洒落っ気の範疇を出ないことであり、このレンズを今後使うことは殆どないものと想われます。
一方、ほぼ同時に転がり込んできたもう1本のレンズは、長年(ここ数年)ちょっと欲しいと想っていたモノで、頻度はさほど多くないながらも今後ちょくちょく登場することになるでしょう。

Go ahead, please...
# by yy2828yy | 2014-09-14 22:44 | Film | Trackback | Comments(6)

理不尽か、不条理か...

ちょうど2年。
相応に草臥れてきた<iPhone 5>を使いながらずっと気にかかってきたことに、本日一応の区切りを付けてきました。
美学者Steve JobsがいなくなったAppleに、最早期待することなどなくなっても、当分はマシなモノを拵えるメーカーでいてくれるだろう程度の気持はまだあります。
よって、みっともない大きさでも、ほかに選ぶものがないから仕方ない、と。
とはいえ、これを「公約数的決定」だとされたところで、ちっとも納得はいきません。
こういうマスプロダクトはなおさら従うしかないとしても...。
そして、自動化という名の下で一眼レフが大型化し、冗長で鈍重になった今日にまで続く経過を、はたまた世の明るさは変わらないのに感度100が廃れてしまうことを、ふと重ねてしまうのであります。

イメージだけですが...
# by yy2828yy | 2014-09-12 22:16 | Film | Trackback | Comments(4)

9月のある日に...

Super Moonの影響ではないでしょうが、昨日と一昨日の朝陽と夕陽には見るべきものがあったように思います。
不思議な光の射し方...具体的にはかなり直進性の強いものに感じられたのです。
こんな現象は私の地域だけ、否、こんな風に思ったのは私だけでしょうか。

それはともかくも、今日、ちょっと嬉しいことがありました。
2年ぶりのご復帰に、同じくOMファンとしてお祝い申し上げます。

イメージだけですが...
# by yy2828yy | 2014-09-11 22:44 | Film | Trackback | Comments(2)

支度

今月も三分の一が終ろうとしています。
にも関わらず、8月中に使い切ってしまわなければならなかったはずの<Kodak GOLD100>が3本。
「まだ」というべきか「もう」というべきか...ただし、3本というのは飽くまでも「箱に入った状態のモノ」がであり、いつもの鞄の中に予備として入れている2本、そして各カメラに入ったままのモノを加えると、ほぼ10本になってしまうでしょう。
尤も、これはこれとして、今後主力にせざるを得ない<FUJICOLOR 記録用>は、一定量を入手し支度しておかねばなりません。

イメージだけですが...
# by yy2828yy | 2014-09-09 22:03 | Film | Trackback | Comments(4)

< 前のページ

次のページ >